On zou-shi

2017年03月14日
 春夏秋冬叢書「そう」54号が発売されております。今号のキーワードは「子」。私は例によって「地名探訪」「三遠南信産××育」、あと子供の祭りということで遠山郷上町の御祝棒(→●□)を、女性取材記者(まり)は岡崎市立竜美丘小学校の子供相撲をやっております。
 さて地名探訪。今回は豊川市の蔵子(ぞうし)を取り上げてみました。どこかというと、ここです。



 豊川市街地の外縁部に位置する、ごくありふれた住宅地です。一般的な蔵子のイメージはこんな感じではないでしょうか。

170313-4.jpg

 蔵子二丁目の、国道1号桜町交差点から姫街道の諏訪橋西交差点に通じる県道とか。

170313-3.jpg

 あるいは蔵子三丁目の、整然とした街路とか。なんというか、実に豊川っぽい感じ。
 一見、これと言った特徴もないような町に思えるのですが、調べてみると意外に面白い歴史がありました。蔵子は戦国時代に林次郎兵衛家次という人が開いたのですが、西に2kmほど離れた白鳥(国府駅東の高台にある集落)の「子供」の村として扱われ、長いあいだ不遇をかこってきた…というのです。詳しくは本書をご覧ください。
 蔵子には一から七丁目まであり、そのうち一・二丁目が古くからの村、三~七丁目が高度成長期に区画整理された地域になります。上の写真の場所はいまひとつパッとしませんが、地図で狭い道がグチャグチャっとなっているあたり、一・二丁目の中心部に入り込むと、古い村らしく神社や寺や農協があったりしてなかなか味わい深い風景が見られます。

170313-6.jpg

 宗心寺である。

170313-5.jpg

 JAひまわり蔵子支店横の古い農業倉庫である。

170313-7.jpg

 果樹園である。
 うーん、この町の味わい深さは僕の写真ではなかなか伝わらないのであった。
(まさ)

170313-1.jpg
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)

オカヤマニアック

2017年02月23日
 先月末、とある仕事で岡山市に行ってきました。仕事といっても、2日間ほぼ図書館に籠って資料調査をするというものです。

170223-4.jpg

 岡山市はこれまで何度か通過したことはあるくらいで、まったく馴染みのない町です。ぜひ探究したかったのですが今回はゆとりがまるでなかったので、とりあえず朝、仕事前に市電(岡山電気軌道)に乗ってみました。乗っただけで考察などは特にしていませんので、写真だけですが…。

170223-1.jpg

 2系統ある市電のうち一方の終点、清輝橋。幹線道路の交差点で線路が突然途切れており、市街中心部の一角のような場所で郊外風情にも乏しく、実に中途半端な風情。

170223-2.jpg

 2系統のもう一方の終点、東山。こちらは山べりに広がる歴史地区のような町で、市電の車庫もあるし、なかなか味わい深い風情。

170223-3.jpg

 帰りはホテルのある市街中心部まで、市電の線路沿いに歩いてみました。その途上、終点二つ手前の中納言電停前に吉備団子の老舗が二軒並んでおり、ちょうど店が開いたところだったので家への土産を買って行くことに。手前が「廣榮堂武田」、奥が「廣榮堂本店」。ともに安政3年(1856)の創業を謳っており、元祖バトルをしているのだろうか?なお、五味太郎のパッケージデザインで有名なのは後者。
(まさ)
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)

恋のアーケード0037

2017年02月15日
 雪シリーズ。続いて翌1月15日は、岐阜の柳ヶ瀬で開催されている「SUNDAY BUILDING MARKET」へ。通常150軒の出店があるという、東海地方では屈指の規模の月例マーケットイベントではないかと思います。

170215-2.jpg

 雪だというのにけっこうな人出。と思ったら、突然の雪で来られない店が多かったようで、出店者も来場者も通常の三分の一ほどとのこと。それでこれだけのにぎわいがあるというのも凄いが。

170215-1.jpg

 しかし、言われてみると確かに店は歯抜けだし、人が一番集まっているところはアーケードの切れ目で雪がコンコン降り込んでくるしで、取材には間の抜けた時に来てしまった…。

170215-4.jpg

 アーケードの屋根下に吊り下げられたイベントのフラッグ。歩道アーケードのビニール庇のように下が丸くなっているのがカワイイ。

170215-3.jpg

 そしてイベント会場の一角には色使いが渋すぎる商店街フラッグも。年季ものか?
(まさ)
岐阜中部・西濃雑 | Comments(0) | Trackback(0)

雪の中でサトウキビ収穫

2017年02月13日
 遠山郷・上町の御祝い棒に続きまして、1月14日には碧南へ。衣浦湾に面した玉津浦にある伊藤忠製糖でサトウキビ刈り体験があるというので、行ってみました。伊藤忠製糖の白砂糖はこのあたりのスーパーにはたいてい置いてあると思います。.社名にピンとこなくても、ハートのようなロゴを見れば「ああ、あの!」と分かるはず。

170213-1.jpg

 その工場入口でPR用のサトウキビが栽培されています。大手の製糖メーカーが碧南にあるのも意外だし、三河のこんなところでサトウキビが育つというのも意外。聞けば、甘いものが少なかった昔はその辺の畑の脇でよく栽培されており、熱帯・亜熱帯でなくても育つという。

170213-2.jpg

 でもって、収穫がこんな厳寒期とは…。舞い散る雪のなか、収穫用の大きなハサミでせっせと刈り入れに精を出す5歳児。袋一杯持ち帰ったサトウキビは、食べにくいせいか5歳児はあまり口にしなかったので、ほとんど私のオヤツとなったのでした。
(まさ)
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)

下伊那の雪

2017年02月09日
 今日は雪が降りそうですが、そんななか女性取材記者はカメラマンAさんとともに取材で飯田へ出掛け、御苦労さんです。かくいう自分も1月には自分も雪でたびたび取材に難儀しました。
 まず8日。下伊那・遠山郷の上町で行われる「御祝い棒」の取材日に、長野県南部は大雪。
 現地へ向かうべくカメラマンMさんと国道151号を北上していたところ、豊根村最北の中村集落の先で道に雪が積もりはじめ、新野峠のかなり手前で車がストップ。Mさんが持参したチェーンを坂の途中で取り付けなんとか峠を越えられたのですが、その先も雪が降りしきり、現地に辿り着くまでえらい時間がかかった。
 雪景色の伊那谷はこれまでほとんど経験したことがなく、実に新鮮でありました。

170208-1.jpg

 雪景色の鶯巣である。

170208-2.jpg

 雪景色の平岡である。
 できることなら立ち止まって雪景色を堪能したいところでしたが、ひたすら雪道でスピードが出せず行事の開始に間に合うか微妙だったので、助手席から撮影しただけであった。

170208-3.jpg

 上町の「御祝い棒」は夜の行事で、しかもけっこうな雪。この行事については3月10日発刊の「そう」54号をご覧ください。
 で、行事が終わって飯田まで出たら中央道が通行止めで、急遽ホテルに泊まるハメに…。新年一発目の取材からこんなんでは、今年はたぶんロクな年ではないだろう。

170208-4.jpg

 翌朝、中央道の通行止めは解除。チェーンのまま高速に乗ったところ、園原IC手前のでチェーンを外すよう案内が出て、初めてチェーン着脱所に進入。レア体験ができたのでまあよしとしよう。
(まさ)
伊那谷雑 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »