新緑尾西

2010年04月27日
 話が前後しますが土曜日の午前中は、一宮西部方面へ。地域限定配布の某紙で自転車企画を少し載せることになり、その取材です。一宮市内の「サイクルショップ ポパイ」(金曜日にZIP-FMのジェームスの番組に電話出演したお店)さんに協力をお願いして地元の自転車乗りたちに集まっていただき、木曽川河川敷や美濃路などで撮影。

100425-7.jpg
(後ろは濃尾大橋)

 自転車はいい…。(←少し前の記事でわたくし「漁船はいい…」とかつぶやいてましたが)
 この時期は、木曽三川の中下流部が一番美しいシーズンなんじゃないかと思います。きらめく川面をバックに、川原に生えている潅木が芽吹いて伊吹山からそよ吹いてくる風に揺れ、気持ちよいことこの上なし。こういうところはやはり歩くよりも自転車でしょう。ああ、取材してないで自分が乗りたいぜ。
 一番右に見える方はヒルクライマー。すんごいカッコイイ自転車を乗ってらして、チョー羨ましい。いや、自転車で山登りがしたいわけではなくて、自転車がほしいだけですが。
 この方いわく「日本のロードレーサーは最終的にヒルクライムに行き着く」んだそうです。日本では道路的にも地形的にも長距離ライドには限界があるようで、ガシガシ乗るには山が一番ということになるらしい。たしかに、日本の道路も法律も自転車を軽視している。特に名古屋と西三河は、自転車が安全に走れる道をなんとかしてほしい!

100425-9.jpg

 美濃路の富田一里塚も新緑。

100425-1.jpg

 一宮から少し下った祖父江のギンナン畑も新緑。そういえば新緑の祖父江のイチョウって、あまりイメージがない。ギンナンシーズンの晩秋も凄いですが(→●□)、春もなかなかの雰囲気。
(まさ)
スポンサーサイト
尾張雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ツアー・オブ・ジャパン美濃ステージ
美濃祭りに行って初めて知ったんですが、美濃市で自転車のロードレースが行われてるんですよね。
今年も5月18日(火)に開催されます。
一部の人しかまったく知られていないようですが。自転車のロードレースは日本ではマイナーなスポーツでマスコミもあまり取材しないようです。
この大会は国際レースで海外の有名選手も来るようなんですが、、。
平日開催じゃねー。
No title
ロードレースは僕も見て見たいんですよねー。美濃の2日後には飯田でも大会があるし。
自転車店のポパイさんでは、少し前に新潮文庫から出たロードを題材にした小説「サクリファイス」(近藤史恵)の話題で盛り上がりましたよ。あと、マンガの「アンダルシアの夏」(黒田硫黄)。興味があるのに小説とマンガでしか見たことがないという…。

管理者のみに表示