旧知多郡鬼崎村役場

2010年04月11日
 多屋公民館は取り壊されてしまったが、同じく常滑・鬼崎地区に建つ旧鬼崎村役場は健在です。あ、鬼崎村というのは昭和29年まで存在した自治体(ただしS26~29は町制施行して鬼崎町)で、おおよそ名鉄常滑線の西之口~多屋間にあたります。役場があったのは今の榎戸町の県道252号(旧西浦街道=旧R155)沿い。

100411-2.jpg

 横長の建物に建て増し部分を加えたL字型の木造庁舎で、裏手には文書類や金庫などが入っていたと思われる蔵もあります。

100411-3.jpg

 鬼瓦の「役」の字がクール!(そうか?)

100411-1.jpg

 長いことほったらかしにされているようなんですが、このあいだ行ったら門柱にこんなカンバンが取り付けられてた。売れなきゃいいのに。
 知多半島では、現存する木造の旧自治体庁舎はたぶんここだけなので(ほかにもあったらすいません)、なんとか保存活用は…ムリか。
(まさ)
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
常滑市小倉の公会堂
私の出身地である常滑市小倉(おぐら)町に、まだ古い公会堂が残っています。
数年前に155号線バイパスの近くに新公会堂ができて現在はあまり使ってはいないようですが、まだ取り壊しの予定はきまってないようです。
耐震工事などはしてないようなので、いずれなくなってしまうんでしょう。
地区の中心にあってなかなか大きくていい雰囲気の建物です。
消防の詰め所も前にあり典型的な地区のスタイルですね。
多屋の公民館もいい感じでしたが残念です。再開発で多屋は大きく変わっていますね。
公民館・公会堂はまだ残ってはいます。建て替えられる前に写真だけでも、、、と私もみつけたら記録はしていますが、、。
No title
ふっふっふ、撮ってますよ。

管理者のみに表示