FC2ブログ

カンバンの手帖ブログ版0026

 昨日に引き続き豊橋ネタ。
 3/29日アップの当シリーズ第1回で掲載したものと同じ、豊橋市内全域で見られる地名&公共施設の表示板(カンバンとは言わないかも知れんけどまあいいや)。これは豊橋の北の端、県道豊橋新城鳳来線沿いの石巻萩平交差点にあるもの。

070725-1.jpg

 北を示す矢印と、豊橋市の市章(▽と△の組み合わせ=“ちぎり”)、その下に三枚の表示板がバラバラの方向を向いて並んでおり、実におでん的な、バランスの取れた美しい姿。このカンバン、僕、ホント好きだわ。
 で、よく見ると、石巻平野町の文字の横になんかが描いてあります。

070725-2.jpg


 一瞬なにかよく分からないが、これは柿!枝まで付いて芸が細かい。
 農業都市豊橋において、石巻地区は柿の産地として有名なのは周知のとおり(東三河人だけか?)。5月末に廃止された東名の豊橋バリア付近は石巻地区の一端ですが、そのあたりでは東名の両側に柿の木畑が見られるし、「次郎柿の産地」とかなんとか書かれたでかいカンバンも東名の脇に立っているので、もしかしたらとよはしっ子じゃなくても気付いてる人は多いかもしれません。
 このオフィシャルな雰囲気の書体の脇に、このようなオフィシャルな雰囲気(?)の名産イラストをあしらうとは、なかなかいい感じじゃん。けど、豊橋の他の地区では、こんなふうにイラスト入りのものは見たことない。なぜ石巻だけに?今は撤去されたけど他のイラストが付いている地区のもあったりしたとか?
 この疑問の答えを知ってらっしゃる豊橋市民の方がいたら、ぜひ教えてください。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク