FC2ブログ

遠い海から来て食う/カンバンの手帖ブログ版0025

 以前に、至る先を「川」と記した意味のない道標地蔵を紹介しましたが、豊橋の表浜海岸沿いの伊古部という集落には、こんな方向表示板があります。

070724-1.jpg

 海岸に至る、って!この様式の方向表示板は豊橋の至るところで見られる市のオフィシャルなものですが、こういうものに「に至る」の文字が入るのも珍しい。
 んで、これに従って進んでみると…。

070724-2.jpg

 行き止まりの道の向こうには、海のみ!
 この伊古部海岸は、波が高すぎて危険なので海水浴場にはなっていないが、サーフィンスポットで、写真には写ってないけどいつ行ってもサーファーがいます。
 そして浜にはこんなカンバンも。

070724-3.jpg

 砂浜しかないのに漁港施設とは!
 一見、不可解なカンバンですが、ここはいちおう漁港漁場整備法によるところの「第一種漁港」に指定されており、昔の村名から「高豊漁港」の名が付いています。港湾設備はまったくの未整備。昔は地引網が盛んだったところで、村人は半農半漁だったんだが、今では漁師など皆無。このさきも港湾が整備されることはまずないでしょう。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク