FC2ブログ

さらば銀座センター

 嫁が「刈谷の銀座通りに空地ができているけど、何があったかしら?」というので見に行ったら、松秀寺の隣にぽっかり空間が出現していた。「銀座通り」といってもこの通りは、知立-刈谷-東浦を結ぶ県道の裏通りのことです。

100301-1.jpg

 以前ここには、こんな建物がありました。

100301-2.jpg
(2006.05.28撮影)
 
 昭和35年に建築された「銀座センター」です。
 この場所にはもともと刈谷町役場→刈谷市役所があったのですが、昭和29年に東陽町の現在地に移転。空いた場所に昭和35年、5階建ての「銀座センター」が建てられました。「刈谷市史」によると、このビルは当時市内で最高層。一階は商店街、上部は市営住宅になっていました。晩年はどうなっていたのかじっくり見てないけど(なかなか入りづらい雰囲気で…)、一階のテナントに「インターナショナルフードショップ」なる店が入っていました。
 県道開通以前は、この銀座通りが刈谷のメインストリート。このあたりまでアーケードもあり、そりゃあ賑わったものです…って、岐阜生まれの僕が刈谷のそんな時代を知る由もなく、伝聞ですが。なお、昔の市役所や銀座通りがどんな様子だったか知りたい方は、図書館で「西三河今昔写真集」(樹林舎刊・わたくし編集)をご覧下さい。
 当の刈谷市役所も、開庁から55年を経てついに建て替えに。

100301-3.jpg

 以前の役所はレトロの域に達しつつありましたが、惜しくも?取り壊し。

100301-4.jpg
(2006.04.18撮影)

 しかし刈谷市も、税収多いのによく55年もこの建物を使い切ったもんです。一種のエコ?三階奥の薄暗くゴチャゴチャした倉庫で、市広報撮影の古いネガを取材のため漁らせてもらったのが懐かしい。

100301-5.jpg

 パブリック系建築でよく使用される「残しておきたい日本の書体」も壁に取り付けられていたんだけど。知り合いの郷土史家の先生に、郷土館に保存してもらうよう頼んでおけばよかったなあ。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

にしやん

大府にも
「大府センター」があります。多分今も。すごいいい趣!あー行きたいなー。大府駅東口の南のほうです。大府も古い町いいです。

nao

ついに
西三河今昔のときから、あそこはいつかは…とは
思っていましたが。来ましたね、無くなる日が。
って、それを惜しむ人がいったいどれだけいるというのか?

なんだか、つまんねぇなぁ~

いよいよ知多半島のあの呑気が、愛知県じゃあ最後の砦か?

まさ

大府センターも、いつ消えてもおかしくない物件だなあ。近日中に確認に行きます。
刈谷ではもはや銀座センターから少しJR駅寄りのところにある「刈谷温泉」がだけになっちゃいましたね。

take

刈谷銀座って懐かしいなあ。
名鉄・刈谷市駅から少し歩くと、西川屋(現・アピタ・ピアゴ)があって、中央無線ってマニアックな電気店があって、古本屋があって、切手屋があって、たこ焼き屋があって、映画館があって、なんだか毎日がお祭りみたいでした。

まさ

古きよき時代ですなあ。僕の地元、昔の大垣もそんな感じでした…。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク