FC2ブログ

白砂青松の見本

 本日は競輪グランプリ。僕は豊橋場外で観てました。万車券の3連単で当てたんだけど、押さえだったのでトータルするとたった数千円しか浮かないし(僕の本線は加藤=海老根-全流しで20万コース狙い)、応援していた永井清史-加藤慎平の岐阜ラインは、前取って抑えられて8・9番手に後退してまったく見せ場がないし、車券は当てたのになんか気分が盛り下がる。永井の野郎、僕が買わないときだけ好走して、買ってるときは凡走するんだよなあ。
 どうにも釈然としないので、豊橋の期待の星・深谷知広(S2・96期)が斡旋されてる豊橋の正月開催でリベンジしようかしら…。

 ところで昨日、志摩方面へ珍しく電車で取材に行き、その帰り、ふらっと鈴鹿市の鼓ヶ浦海岸に寄ってみました。四日市から南の海岸はこれまでほとんどノーマークのエリアで、そんなに興味を引かれることもなかったのだけど、電車の中で地図を見てたら、なんとなく鼓ヶ浦がよさそうなところに思えたので、衝動的に下車。昔はよく、地図だけで目星を付けて途中下車してみるという旅をよくしてたなあ、とか思い出して。
 そしたら、これが意外にいい海岸。まだカンは鈍ってないようだぞ。

091230-1.jpg

 まず、駅がよかった。石段や木の柱やレンガなど、昔の風情を残した味わい深い駅舎です。近鉄の幹線にもまだこういう駅舎が残っていたとは驚き。

091230-2.jpg

 海岸に行くと、見事な松林が2キロくらいも広がっており、これまた驚き。松林の中には「海の家」やシャワー、遊具なんかがあって、いかにも昔の海水浴場という感じ。古写真でしか見たことがない碧南の新須磨とか玉津浦って、こんな感じだったんだろうなあ。夏に来ねば。

091230-3.jpg

 でもって海の向こうには知多の丘陵とセントレア。普段走り回っている地域をこういうふうに眺めるのは、けっこう新鮮です。
 このあと白子まで歩いたんだが、白子の町並みもまたいい風情。今月始めに行った菰野といい、鈴鹿・四日市周辺はなかなか侮れない。
 そんなこんなで、今年はよく三重県に行きました(ブログに書いた場所以外にもいろいろ行ってる)。これほど三重に行った年はたぶん初めて。三重はいい。三重バンザイ。

081206-3.jpg 「オイ、それは本心なのか?」
(知多四国72番慈雲寺のソフトバンク犬)

 それにしても、永井と加藤なあ…。グランプリ'10でリベンジしてくれよ。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク