FC2ブログ

タウンサインの研究0021

 今週半ば、久々に蒲郡市街を少し歩きました。

091219-1.jpg

 蒲郡というとここ十数年で南口が大変貌を遂げ、今や昔の面影がちっともありませんが、北口の方は大して変化もありません。上の写真は、蒲郡駅から銀座通りまで細々と伸びる「駅前商店街」ですが、相変わらずな感じ。ただ、街灯だけは新しくなってた。

091219-2.jpg

 電球のカバーに竹島のイラスト入り!って、駅前商店街にコレは、微妙に遠い気がするが…。鳥居のバックに描かれた竹島、雑なようだが割と特徴を捉えてます。

091219-3.jpg

 この通りが突き当たる先は、もともとの蒲郡の中心部「本町銀座通り」。こっちも特に変わらずで。

 ところでこの日は、銀座通りのチョイ北にある蒲郡市立図書館にも行ったのだが、ここ、郷土資料本コーナーへは手続きをしないと入れないという、今時珍しい難儀な図書館です。しかも、中に入るには職員の同伴が必要。過去に資料の持ち去り被害にでも遭っているのか、来館者をよほど警戒しているようで…。
 大昔の貴重資料とかならそれでもいいけど、せめて蒲郡市史や小学生が読みそうな民話集ぐらいは一般書架に置いておくべきではないか。だいたい、角川の地名辞典を閉架にしている図書館なんて聞いたことないぜ。
 まあ、三河13市では高浜市立図書館に次ぐ施設のボロさなので本を置く場所も限られており、ある意味仕方ない面もありますが。しかし!蒲郡競艇が儲かっている時期になんで建て替えておかなかったのかと。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク