FC2ブログ

常滑にも紅葉名所

 昨日は佐布里の前に、常滑の61番高讃寺にも参拝。ここはモミジとイチョウが境内を包み、知多四国の札所では五指に入るいい風情の寺なんですが(超独断)、去年は終わりがかりに行っており、今年は散る前に行ってみました。

091127-2.jpg

 モミジとイチョウの競演。

091127-3.jpg

 苔むす地面に落ちるモミジの葉。なんか京都の古刹のように見えなくもないが、知多です。
 場所やカメラアングルによってはこのようにいい感じっぽいんですが、境内全体を見渡すと実のところ「文句なしにいい!」というわけでもありません。
 というのも色づきが木によってバラバラで、今が盛りの木もあれば、くすんでしおれた葉の木、あるいはまだ色づいてもいない木もあったりする。気候のせいか木自体のせいかわからないけど…。

091127-1.jpg

 長い参道から弘法堂のほうを見ると、こんな具合に旬と枯葉の斑になってる。う~む。
 まあでも、知多では数少ない紅葉スポット。明日は天気もいいようだし、巡拝するなら高讃寺を組み込むことをお勧めします。あと、隣の62番洞雲寺もいい。

091127-4.jpg

 ちなみにここは紅葉もさることながら、弘法堂に掲げられた奉納絵の数々も必見。その昔、地元の人が講を作って富士登山し、その記念に奉納したものです。銭湯のペンキ絵を思わせる富士山の絵が何枚も!シブい、シブすぎる。
 こうした巨大額絵は知多の寺や神社でやたらと見かけます。知多人ってどんだけ富士山が好きなんだ。近くに低い山しかないから、高い山への憧れがより強いのかね。
(まさ)

090708-6.jpg 090708-3.jpg
文・写真・地図調査で制作に参加した「知多巡礼紀行&弘法道地図帳」(樹林舎)。歴史と全寺院の詳細はこの本をご覧下さい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク