盆の提灯

2009年08月19日
 昨日今日と取材で、伊勢~志摩~東紀州を回ってきた。勢和多気ICより南は4年ぶりだったんだけど、久々に行って気付いたのが、三重の南部って石見に似てるなあ、と。延々続く複雑な海岸線や入り江ごとに現れる隠れ里的な町や村は、どこか浜田や邇摩郡のような風情。尾鷲は浜田と江津を足して2で割ったっぽく、熊野市は益田と大田を足して2で割ったっぽい。高速道路はちっとも延伸しないし、列車はあんまりやって来ないし、そしてどちらにも世界遺産がある。
 まあ、似てるからってどうということもないんだけど。
 とりあえず、石見沿岸にも東紀州にも、高速道路が早く伸びてほしいものです。

 それはさておき、あっという間に盆も過ぎてしまいました。岐阜では、盆になると墓に紅白提灯がぶら下がります。

090819-1.jpg

 岐阜というか、西濃だけ?盆はたいがい実家にいるので、他地域の墓地がどんな具合かよく知らないのだが(ていうか、盆に限らず墓地にあまり関心を寄せることもないが)、17日に常滑で墓地を見たら、提灯はありませんでした。
 他地域の盆の墓はどうなってんだろう。来年は盆に墓地めぐりをしてみようか。
(まさ)
スポンサーサイト
岐阜中部・西濃雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
石川県、金沢~白山にかけてはキリコと呼ばれる障子紙でできた家のかたちをしたものを墓前に供えるけど見たことある?
後ろに名前とか書くから誰が墓参りに来たかわかるんだよ。
岡崎はホオズキだって。
輪島かどっかの博物館で、祭りのキリコ燈籠(提灯?)は見たことあるけど、墓のヤツは見たことないなあ。
ホオズキはウチでも供えてるよ。

管理者のみに表示