FC2ブログ

消費組合登場!

 競輪ダービー決勝戦は、郷土の英雄・加藤慎平(岐阜・81期)が惜しくもビサ2着に終わりましたね。メンバー見た瞬間に「シンペーの日だ!」と思ったので、もし買いに行ってたら確実に裏目っていた。

 それはさておき、豊橋の春夏秋冬叢書の季刊誌「そう」22号が発売されています。毎回、一字のキーワードを決め、それにまつわるネタを拾ってゆくこの雑誌、今回のテーマは「合」です。
 今回の僕担当分の目玉は「消費組合」。字面を見ただけでは特に面白くもなさそうですが、マニアック路線のワタクシが取り上げたのは、田原市東神戸町の国道42号沿いにあるこちら。

090309-1.jpg

 「消費組合」という名の商店だ!
 味も素っ気もない外観だけど、なかなか歴史ある村の雑貨屋です。雑貨屋といっても今時の女の子が好む系のそれではなく、ジャイアンの実家(剛田雑貨店)と同じ種類。現在は形状は民営ですが、屋号が示すように、少し前まで東ヶ谷(とうがや)という集落が経営する「区営商店」でした。
 沖縄に行くと、方々の集落で「共同店」なる商店を見かけますが、あれの渥美半島版ですね。

090309-5.jpg (2006.10.23撮影)

 これでもピンと来ない人は各自ネットで調べてください。沖縄の出版社から共同店のガイド本も出版されています。
 この店の存在に気が付いたのは大学時代。以来、いつか訪れる機会がないもんかと思っていたのだが、念願かなってようやく取材できました(それほど気張るような店でもないが)。たぶん、媒体初登場です。
 消費組合方式を採用する店は、昔は三河遠州でも個人商店のない地域にはけっこうあったようで、僕が知っているところでは三ヶ日の大谷で見かけました(屋号を変えて現在も個人商店として営業中)。東ヶ谷に隣接する南神戸町の谷ノ口(やのくち)、本前(もとまえ)では、公民館に購買スペースを設けていたとか。

090309-3.jpg

 国道42号沿いの本前公民館。左のシャッターが閉まっているところが「消費組合」の跡。

090309-4.jpg

 同じく国道42号沿いの谷ノ口公民館。消費組合はなくなりましたが、コンクリ製の公民館にくっついた木造の農業倉庫で、地元農家による日曜産直市が行われています。

 あまり書くとネタバレになるので、興味のある方は「そう」を買ってください。
 最近知多半島ばっかりなんで、最後に一枚、渥美半島っぽい風景を。

090309-2.jpg

 う~ん、THE渥美半島!
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク