FC2ブログ

梅香る知多

 本日はお日柄もよく(ていうか気温高すぎ)、取材半分遊び半分で知多半島の梅の名所、佐布里池(そうりいけ)に行ってみました。知立から30分チョイで、仕事や暇潰し等でこのあたりはちょくちょく通りかかるのだが、梅のシーズンに行くのは初めて。

 090214-1.jpg

 ただの溜め池と梅の取り合わせってどうなのか?とさほど期待せずに行ったのだけど、あら、意外といい雰囲気。知多丘陵のユルい感じ全開のスポットで、ぼさーっとするにはいいところだ。なお、写真にはあまり人が写ってませんが、けっこうな人出です。
 「梅の館」(ビジターセンター的な施設)の展示によれば、農家の副業として明治末期に梅栽培がこの地に広がり、やがて愛知電鉄(現在の名鉄)の宣伝によって観光地としても賑わうようになった。しかし、伊勢湾台風と佐布里池建設に伴う農地の減少により高度成長期に衰退。40年代から徐々に復興し、現在に至る、と。けっこう歴史が古い。
 三河フリークの僕としては、愛知県の梅の名所と聞くと旧鳳来町の川売(かおれ)を思い出します。あちらで本格的な梅栽培が始まったのは昭和40年代、観光地化したのは平成に入ってから(確か、最初は口コミで広まり、平成4、5年頃に中日の東三河版が記事にして急激に人が増えた、という経緯)なので、こちらの方が年季が入ってます。

 090214-2.jpg

 着物でやって来た女性取材記者(ただの観光)。キモノでお散歩が流行っているとはいえ、さすがに2月の佐布里池なんぞで着物姿の人は他に見当たらず、そこそこ注目を集めてござった。
 実は佐布里池に行く前に、近くにある知多四国74番札所の密厳寺へ参ってきたのだが、そちらでも話題の的に!

              090214-3.jpg

 地元のお婆さんに帯が上手く結べていると褒められて喜ぶ女性取材記者。
 密厳寺では今日、ささやかに「天神まつり」が行われており、甘酒のふるまい等でお接待の皆さんが集まっていたのでした。
 ここには密厳寺をはじめ5つの寺が密集しており、各寺の境内に咲く梅もなかなか。割と穴場です。門前には土日祝のみ営業の民家カフェもあり。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

nao

こらこら
2月14日に取材ともデート(?)ともつかないこの有様・・・
どうりで、こっちの真面目で必死なメールに反応ナシだと
思ったぜよ。

1670年以前から総理逝け、あれ?佐布里池は存在するそうですが、
それまでの名前は別名です。知多市立郷土資料館に詳細が・・・

そんなエピソードも交えた企画のサンプルを必死で作成しておった
というのになあ・・・

でも、なかなか今日の陽気にぴったりの着物姿でしたね。
晴れがましいというか、ルンルン気分ですね。

にしやん

着物かわいい~。私も帰国したら、着物きたいな。

まり

にしやん、どうも~。やっと一人で着られるようになったのよ~。名古屋行ったついでに、着物&道行きコートを買ってしまったので、またお披露目するね。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク