FC2ブログ

節分二景/佐布里・浄蓮寺編

 昨日は節分ということで、豆まき行事をやっている知多半島の2か寺へ取材半分遊び半分で行ってみました。葬式から3日しか経っていないのにいいのかな?まあいいか。
 まず訪れたのは東海市最南端、梅林で知られる佐布里(そうり)にある浄蓮寺。佐布里には、一か所に知多四国の寺が5つも密集しており、そのうちのひとつです。普段は気にも留まらないような小さくて静かな寺ですが、この日ばかりは大にぎわい。

        090204-1.jpg

 行事の段取りは、まず境内入口の受付で祈祷料(前売2500円、当日2700円)を払って申し込み、番号が書かれた整理券を渡されます。番号が呼ばれたら庫裏へ行き、キンキラキンの袈裟(これを金襴緞子というのか?)を羽織り、豆の入った桝を受け取り本堂へ。皆で般若心経を唱えて住職の祈祷を受けたのち、本堂正面にしつらえられた舞台にズラリ並びます。そして皆で外に向かって「福は内!」と言いながら、外へ向かって豆をまく!

        090204-2.jpg

 下で待ち構え、桝に豆を入れてもらっている人も。当然、僕ももらって食べた。終わると桝を返して、代わりに記念の桝を貰ってオシマイ。
 テレビのニュースでよく見る節分行事は、有名人がお立ち台に立ち、下で待つ観客に向かって豆をまくものだが、ここは一般の人がお立ち台からまけます。なんか気持ちよさそう。あと、ここでは「鬼は外」の書け声はありませんでした。
 手持ちの資料によると、節分行事は一時期途絶えていたものの、平成15年に復活させたとのこと。小さい寺の割に人出が意外と多く、和太鼓演奏や尾張万歳などアトラクションもあってなかなかの盛り上がり。寺の雰囲気も行事自体も、素朴で実にいい感じでした。ここはオススメ。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク