FC2ブログ

作手もう二題

 2日早朝、取材で作手の奥の方にあるニジマスの養殖池に行ってきました。僕は釣りは全くやらないんだけど(渓流のそばで育ったのに)、魚がらみの取材は海水・淡水・汽水問わずなんでも面白い。なんでだろう?
 淡水魚養殖のことは8月に出る春夏秋冬叢書の単行本に出すのでここでは置いといて、本日はまた作手の奥の方の話題。
 作手というと、たぶん多くの人は盆地のような狭い高原に広がる田畑の風景を思い浮かべるでしょうが(それ以前に行ったことない人のほうが多いか?)、そういう風景は主に国道301号沿い・旧役場を中心とした地域で、外縁部は清流沿いの山の中です。特に旧村域の南部、学区で言うと協和小学校区は、巴川に沿って細い県道がヒョロヒョロ伸び、沿線に小集落が点在する実に雰囲気のいい地域。三河でもっとも好きな小学校区ベスト5を挙げよと言われたら、ここは確実に入れるでしょう。そんなこと聞くヤツはいないわけだが。

070504-1.jpg

070504-2.jpg


 こちら、村の最もはずれに位置する大和田集落。いつ行っても長閑。棚田、ではないけれど、わずかの平地に石組みの田んぼがあります。いや~、実にいい!
 どう見ても人口の少ないところですが、こんなところにも特定郵便局が存在します。しかも10年前までは集配局!

070504-4.jpg

 これがその作手大和田局。集配事務廃止以前は「作手」の冠がないただの大和田局で、郵便番号は〒441-15でした。学生時代に5年間、豊橋南局で区分け作業の深夜バイトをしていたが、この局への郵便物が三河でダントツに少なかった。

070504-3.jpg

 こちらは、巴川筋にある協和小学校から県道清岳新城線を新城方面にどんどん登り(ただし途中で道がなくなるので新城には下りられません)、途中で山道に入って奥の奥に行き詰まりにある、荒原という集落です。戸数は3前後。三河の集落は9割方回ったと自負するわたくしですが、さすがにここは来たことがなかった。
 写真だとなんてことないただの山の中の田んぼに見えるけど、ここはホントに辺鄙な場所。よくまあ住んでる人がいるもんだと、感心せずにはいられません。
 もうちょい写真を撮りたかったんだけど、農作業している爺さんがいて怪しげにこっちを見たので(実際怪しいんだけど)、「ここはどこですか?アチャー」てな具合に、道を間違えたふりをして地名だけ聞いて、引き返してしまった。
 なのでいずれもう一回行きます。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク