FC2ブログ

長距離走者の高速

 先に山陽道の三木SA、福山SAから書き込みましたが、月曜未明から木曜朝まで、山口→福岡→広島の旅に行ってました。車で。ETCの夜間割引をフルに利用しての夜間移動、おまけにファンカーゴの後ろをフラットにしての車中連泊。こういう旅行は久しぶり。う~ん、いまだ楽しい。こんなんでもよしとしてくれる嫁でよかった。
 とかいいつつ、今回の旅行は嫁の発案なんですが。彼女は最近、立川談春の「赤めだか」という本を読んで急に落語にハマりだし、先の東京行きの帰り、上野鈴本演芸場で寄席初体験。さらに調べてたら、26日に福岡で立川談志・談春の高座があるのでぜひ見に行きたいと。えっ、九州!?いくらなんでも遠いわ。でも、まあ、許す!
 せっかく西の方に行くんだから、前から行きたかった山口県の周防大島にも寄ろうということになり、ついでに帰りがけにも今年で最後の広島市民球場にも寄ることにして、そうすると車で行くしかない。北は東北・米沢、西は松山、津和野まで走り回り、7年間で27万kmを走行した老雄ファンカーゴの、おそらく最後の長距離旅行となるでしょう。

080829-1.jpg (錦帯橋)

 初日(25・月)は岩国→周防大島。最初に下りたのが岩国インターで、今まで3回くらい来ているのに観光をしたことがなかったので、軽く回ってみました。

080829-2.jpg (関門橋)

 2日目(26・火)は西へ進んで、下関→玄界灘沿岸→福岡。下関も今まで2回くらい来ているのに観光をしたことがなかったので、唐戸市場と城下町の長府などを軽く回ってみました。

080829-4.jpg (小春橋/呉市)

 3日目(27・水)は東へ戻って、安芸西条→呉→広島。

 三木SA、福山SAだけでなく、無料で使用できるPCが置いてあるSAで止まるごとに書き込んでいこうかと思っていたんですけど、どっかの容疑者みたいだし、アホらしくなってやめた。そもそも置いてあるのは山陽道だけで、中国道のSAには置いてなかったし。
 その中国道、ひさびさに走ったけど、広島県から山口県にかけての交通量の少なさは相変わらず。まさしく過疎道路。これほど車を見かけない高速道路もそうはない。
 10年近く前、仕事で中国道を頻繁に利用してたとき、こんな呆れるような事態に遭遇しました。

1、平日の午後9時頃、七塚原SAの駐車場に止まっていた車はわずか3台(PAならともかくSAなのに!)
2、ある日の午前、戸河内インターから六日市インターにかけて追い越し・すれ違いした車はゼロ
3、六日市インターで下りたら料金所の人に「関ヶ原から乗ったの!?凄いねえ。初めて見たよ」と言われた
 
 料金所の人に金額と「ありがとうございました」以外の言葉をかけられたのも初めてだったが…。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

nao

西を目指す人びと
実はわたくしも8月31日~9月6日まで、
四国を1100ccのバイクにキャンプ道具積んで
爆走しておりました。

昔は貴君もご存じのように、
人の通わぬ集落や路地裏や書店などを
必然的に回らざるを得なかったおかげで、
およそ観光とは異なる土地の風土や個性を
てっとり早く理解できたものですが、
今回は完全なる観光客として
四国を遊びまくる目的でした。

たとえば、『西讃・中讃の100年』営業&制作ヘルプで
あの界隈を地図不要になるほど廻っていたのに、
一度も金刀比羅さん参詣をしたことがない…ということ、
よくあるでしょ?
今回の四国ツーリングは、その穴を埋める旅でした。

が、しかし、
琴平町五条にある「はしたか書店」の前を通りかかると、
ゲゲゲッ、『中讃・西讃今昔写真帖』の立て看板が!
11月上旬刊行予定。久々に中に入って若社長とご対面。
バイク好き(ハーレー愛好者だと初めて知る)なので、
わたしのビックバイクに眼がランラン。
(因みにわたしはハーレー派ではないのですが)

あ、そうそう、『高松今昔写真帖』も10月上旬に出るようです。

な~んだ、すぐこういうことになっちゃうじゃん!

まだまだK社は頑張ってますぞ。

徳島→美馬→剣山→かづら橋→祖谷渓→池田→高松
→金刀比羅→川之江→西条→今治→松山
→佐田岬→大洲→石鎚山→四国カルスト
→宇和島→土佐清水→高知→室戸岬→美波(旧日和佐)

まあ、総括すると、限界集落探訪のような三桁国道を
つなぎながら、地方都市の益々の疲弊経済ぶりを感じた旅・・・
となりました。

とりわけ高知県では、厳しい財政事情を県立の各資料館で
見せつけられることになりました。あれだけ維新の大物を
輩出し、自由民権運動発祥の地として注目を集め、
三菱財閥を作った岩崎弥太郎まで出しながら、
山口県のように「堂々のお国自慢」という陳列が
いささかもないのであります。
かろうじて竜馬だけが元気かな・・・
(でも桂浜にある竜馬記念館にはがっかりした)

高知県立歴史民俗資料館の展示の専門的な説明に
つっこみが足りず、事実だけを並べましたという色気のない
展示に、限られた予算を見てしまいました。決して学芸員の
問題ではないのではありはすまいか?

あとはNHKの大河ドラマの助けをかりて
なんとか盛り返そうと画策している愛媛県松山市が
四国のなかではちょっとばかし、元気かな・・・
(来秋から始まる『坂の上の雲』の舞台となり、
 「坂の上の雲ミュージアム」も完成したばかりだった)

ところで、西へ向かった旅で
ご夫婦は何かこれからの展望を開きましたか?

わたし、旅の2日目で砂利の上で立ちゴケし、
300kgあるバイクをひとりで起こせなかったことに、
体力の減衰と人の情けを感じたものです。
それ以外でもハプニングだらけでたいそう面白く、
見ず知らずの様々な人と通りすがりの交流ができ、
この年でまだまだこんなオモローな出来事に
ぶちあたれるのかと驚いています。
結局、人が一番面白いですね。













まさ

高松今昔写真集・・・。いや~、頑張ってるというか、まだやるのかというか。
「高松・東讃の100年」では、高松市の香西地区と仏生山地区とコトデンの写真がぜんぜん出てこなくて、頭を抱えた覚えがあります(営業的にはなくてもノープロブレムだったけど)。今回担当される方には押さえてほしいものですね。

展望かぁ・・・。

nao

追加情報
秋山氏のジュニア
一昨日無事誕生の朗報。

「西阿今昔写真帖」の営業で
7日に新聞折り込みやったそうですが、
あまりの手ごたえのなさに茫然自失…
だそうです。

四国経済のちょ~衰微ぶりは、
暴動起きてもしゃあない・・・という
印象を受けたものです。

「そこまで言って委員会」に出演していた
元橋本高知県知事も、国の地方切り捨ての
弊害を身をもって高知県で体験してきたことを
つぶさに挙げて怒っていたもんなあ・・・

そのへん考えてK社は展開しているんでしょうか?

高知市の繁華街・大橋通りにある「ひろめ市場」では、
仕事帰りの人や制服姿の中学生・高校生もまじって
市場中央に据えられた木のテーブルや腰掛けに陣取って、
広場スペース周りの店から好き好きに食材を買ってきては、
わいわいやっておりました。
(わたしもカツオのタタキと生ビールで参加。安っ!旨っ!)

時間は夜7時30分。いいねえ、こんな時間でも、
サラリーマンやフリーターの兄さん姉さんに交じって
中学生や高校生がクラブや塾帰りに1杯(ノンアコールだけど)
やっていく、この分け隔てなさが、すごいなあ。
自由民権だなあ~(ちゃうか・・・)
「なんね~」「そ~な~」「そがいなもん、ほったれ~」と
地元言葉が飛び交っておりました。






まさ

ていうか、徳島では売れなかったからもうやらない!っていう話じゃなかったでしたっけ。わかっててなぜ手を出す。
だいたい西阿って、吉野川流域の県西部を行政が適当に括っただけで、地域的な一帯感なんてなかったですよ。個々の町は個性的だけど、例えば鴨島と池田って、揖斐と笠松くらいの隔たりがある感覚ですよ。

高知、この夏行くつもりだったけど流れてしまいました。
嫁の友人の切り絵作家酒井敦美さんが、佐川町の酒蔵で展覧会&イベントをやったので、見に行きたかったんですが。
来年行きます。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク