FC2ブログ

打つひとびと2008

 15日から、昨年に続いて今年も「TAIKO JAPAN 2008/東京国際和太鼓コテンスト&カレッジ」の手伝いに行っておりました。

080816-1.jpg

 これは日本有数規模の和太鼓イベントで、全国選抜のチーム&ソリストによるコンテスト/10あまりのワークショップ/和太鼓コンサートの3部からなっています。
 昨年は、イベントの主催団体のひとつである浅野太鼓文化研究所(石川県白山市)が発行する専門誌「たいころじい」付けの、スナップ撮影担当(あと原稿を少々)という名目だったのだが、今回は人手が足りないということで、完全に運営スタッフの一員に。編曲実践ワークショップに2日間張り付きで、太鼓運び、講師と受講生の誘導、弁当配り、ケガの手当て、カンバン設置&片付け、あとスナップ撮影を少々。普段まったくしない仕事ばかりで、なかなか貴重な経験でした。
 下っ端とはいえいちおう運営側スタッフだったので内容や所感を書くことはできません。う~ん。あ、でも、一言だけ。
 間近で見る麿赤兒(審査員)の迫力はすげえ。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

nao

ひさびさの
麿赤児の名前見て懐かしいい・・・

むかし、彼が主催する舞踏集団の
「大駱駝館」という組織が
練馬区江古田の江古田駅南にありまして、
そのすぐ近所に住んでいた私は、
何度もその裸体パフォーマンスに
接しているうちに加入したくなり、
麿赤児氏と話をしたことありました。
不思議な感性の人でした。

NHK大河ドラマ「関ヶ原」では
確か鹿児島の島津公を演じてましたね。

裸体を真っ白に塗りたくり、
面妖な動きを繰り出す舞踏集団は、
1970年代最後の反体制的な肉体解放運動の
輝きを放っておりましたよ。

なんでその人が太鼓審査委員か
不明ですし、数々のドラマや映画に出演する
麿赤児氏など、当時は想像もできませんでしたが、
異様に目立つ存在感ある人ではありましたね。
中身は知りません。

あの頃は面白かったな~
「赤テント」「黒テント」「状況劇場」
まだまだ猥雑でキマジメな青臭さが
東京じゅうにあふれていたもんな~



まさ

それはぜひ、入門してほしかった。
今からでも遅くないっすよ。
世話になっている太鼓屋の専務も太鼓雑誌の編集長も麿さんと親しいので、紹介しますよ!
嫁は楽屋で麿さんといろいろお話させていただいそうで、喋りもすんごい面白かったそうです。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク