FC2ブログ

ホタル舞う鳥川の里

 金曜の夜、西三河屈指のホタルの名所として知られる、旧額田町鳥川へ行ってきました。この日、地元のホタル保存会の総会が鳥川小学校で催されたので、その取材です。

080615-1.jpg

 鳥川はわずか57戸しかない小集落。ほぼ全戸から一人以上が参加しているようで、ヘタすりゃ地区公民館ほどしかない小さい講堂は、けっこう人でぎっしり(来賓も多かったけど)。児童のホタル観察発表なんかも行われ、かなりほのぼのした感じでした。
 鳥川小学校は今どき珍しい「1集落・1小学校」を堅持している学校ですが、来年度いっぱいでついに廃校になってしまいます。子どもの発表では「学校がなくななると思うと、とても暗い気持になります」なんて、泣かせるセリフも。だけど最後は「学校がなくなる前に鳥川のいいところをたくさん見つけて記録しておきたい」と、子どもらしい前向きな決意表明がなされ、感動。村の人も一緒になって校歌を歌っうシーンなんて、思わず涙がこぼれそうに…。いや、まだなくなるのは1年半も先なんだが。
 なお、鳥川小学校のことが媒体に載るのは、今のところ1年後の予定。

 総会が終わる頃には日もすっかり落ち、学校のそばをながれる川にはホタルが乱舞していました。僕の実家は庭にホタルが飛んでくるほどの鳥川と似たような田舎なので、正直珍しくはないんだけど、桜や紅葉と同じで、何度見ても見入ってしまうねえ~。

080615-2.jpg

↑かろうじて撮れたホタル。僕の腕では撮影はムリ。

 ただ、ウチの地元と違うのは、見物客がメチャクチャ多いこと。続々やって来る車でプチ渋滞が発生!とんでもない数の車が連なっていたのには驚いた。幹線道路筋ではないので、普段の日中では車とすれ違うことすらほとんどないのに!
 保存会が盛んにPRしていることに加え、つい先日、環境省の「平成の名水百選」に鳥川が選定されマスコミへの露出が高かったこともあり、たぶん例年より人出が多いんでしょう。地元の人にしたら騒がしくてうっとおしいんじゃないか?と思うんだけど、総会で話を聞いた限りでは本当に、ホタルを見に来てほしい、鳥川のことを知ってもらいたい、と考えているようです。

 ちなみにウチの地元には、無料で汲み放題の湧き水や、なぜか無料のオートキャンプ場があり、やって来る人のマナーに顔をしかめることもしばしば(村を出た人間なので過激なことは言えませんが)。モラル感の欠如した人間というのはどこに行ってもいるもので、鳥川でも見えないところでは相当な苦労があるはずですが、ここの人たちはすごいわ。心が広い。
 同じ田舎でも地域構造が違うので一概に比較はできませんが、ウチらなんかとは郷土愛の質が根本的に違うような気がします。

080615-3.jpg

 こちらは見物客に人気のおみやげ、地元の和菓子屋が作るホタルまんじゅう。特設売店で購入。けっこううまい。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク