fc2ブログ

抱いた腰が茶・茶・茶

 春夏秋冬叢書「そう」73号連動の茶畑ボツネタ。
 瀬尻のあとも、佐久間と水窪のあちこちで茶畑チェックに回ってみました。というか北遠は茶畑ばかりなので、初夏にこのあたりを巡っていると気にしていなくても目に入ってきます。美しいからつい撮っちゃうよね?僕だけ?

211222-1.jpg
211222-2.jpg

 佐久間町の和泉(→●□)。水窪川右岸の標高300m前後にある集落で、ここでは「ぐり茶」と呼ばれる深蒸し茶が生産されています。国道152号を通るたび目にするこのカンバンが昔から気になっており、一度くらいは製茶のシーズンに来て生産者に話を聞きたいものですが、ちょっと来るのが早くて収穫はまだでした。いずれ機会があれば…。

211222-3.jpg

 佐久間町の向皆外。城西駅のすぐ北、有名な「S字鉄橋」付近の茶畑。

211222-4.jpg

 ここに来るときは、S字鉄橋の見える水窪駅方向にしか目がいかないのですが、ふと振り返って城西駅方向を見ると、パズルのような茶畑が!アート的!ここを管理する茶農家の本職は造園業者だろうか…。

211222-5.jpg

 水窪町の新細。国道152号沿いの旧西浦小学校(→●□)の手前で右に折れる山道を登っていくと、どん詰まりにこの集落、というか一軒家があります。たまたま住民のお婆さんに会ったので話を聞くと、今なお茶を作っているというから驚いた。
 今はポツンと一軒家ですが、お婆さんによると昔は9軒もあったとか(昔が正確にいつのことを指すのかよくわからなかったが)。また、家の横には製茶工場もあったそうです。

211222-6.jpg
211222-7.jpg

 しかし、いつぞや裏山で土砂崩れが発生し、その工場は倒壊してしまったという…。茶畑の上の木立の奥に、土砂崩れの名残の巨石や昔の住居の土台が残っているというので行ってみると、確かにそれらがありました。
 ちなみに現在は、収穫した茶葉は西浦の工場で製茶してもらっているとのこと。浜松の住民だったらシーズンに手伝いに来たいところなのですが…。
 インスタも→●□

211215-1.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKADO

----------------------
東海地方を縦横無尽、全国各地に神出鬼没の取材・執筆・編集事務所。
ライター/編集者/媒体によっては撮影も。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住
----------------------
Instagram
まさ masayasu_naito
まり mariko.uiro

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク