fc2ブログ

カンバンの手帖ブログ版0455

 春夏秋冬叢書「そう」73号連動ネタで、中井侍の続き。
 いま、中井侍の茶は「中井侍銘茶」という名ですが、かつて中井侍を含む天龍村の茶は、農協に出荷され「赤石銘茶」のブランド名で売り出されていました。赤石銘茶は昭和39年(1964)、南信濃村農協と南信濃村が共同で茶の振興に取り組み始めたときに命名されたもので、やがて天龍村農協で加工される茶もこのブランド名を使うようになったようです(昭和46年には南信濃村・天龍村・上村3農協が合併し「下伊那南部農協」になっている)。
 旧南信濃村・上村の茶は今も赤石銘茶として売っており、平岡から遠山川沿いに国道418号を進むと、赤石銘茶のカンバンが見られます。

211219-1.jpg

 旧南信濃村の茶生産の中心地、名古山の製茶工場前に立つけっこう大きなカンバン。昭和50年代から立ってそうな風合いです。僕が初めて遠山郷に足を踏み入れた平成4年(1992)は既にあったような…。

211219-2.jpg

 その名古山の茶畑。名古山は、伊那谷奥部の中では比較的平坦な土地です。超急傾斜の中井侍のような絶景ではないですが、ここはここで美しい。茶を刈るのも中井侍よりは楽そう。

211219-4.jpg

 茶畑に囲まれた墓もあったりして、なかなか味わい深い。共同墓地ではない単独墓は、下伊那でよく見かけます。 
 
211219-3.jpg

 茶産地らしいのどかな風景を眺めつつウロウロしていたら、信南交通の昔の標準タイプの手書きバス停板が取り残されているのを発見。このタイプがまだ生き残っていたとは…(これも→●□)。

211215-1.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKADO

----------------------
東海地方を縦横無尽、全国各地に神出鬼没の取材・執筆・編集事務所。
ライター/編集者/媒体によっては撮影も。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住
----------------------
Instagram
まさ masayasu_naito
まり mariko.uiro

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク