FC2ブログ

急いで玉で吸え!0001

 嫁の友人でベトナムが好きで好きでしょうがないというカメラウーマン・にしやんが、ベトナムを愛するあまり本当にベトナムに移住して早2ヶ月がすぎました。メールやブログによると、ようやく棲家が決まったようです。
 いくら好きとは言え、本当に移住してしまうなんて尊敬に値しますが、それに至るまではいろいろと葛藤もあったようです。同じく友人のライター兼編集者“乙女”Kさんが作っている豊橋ローカルのオシャレ雑誌「fratto」で、彼女のベトナム移住コラムが最新刊から連載されており、それによると、無謀な娘の移住計画について話し合う父と母の間で「あいつは死んだと思えっ!」というセリフが交わされたとか。いや~、まさしく名言!生きて帰ってこいよ!

 てなわけで、今さらですが昨年6月に行ったベトナムの話。最近ちょい疲れ気味で、しばしば思い出すベトナムのマッサージ師のこと。
 昨年のブログで書いたとおり、この旅行は肉体的にけっこうハードな旅でした。中国との国境に近いSAPA=サパという山岳地帯の町(高速道路ではありません)に行ったとき、はしゃぎすぎか食べ物のせいか、夫婦そろって体調を崩してしまったのです。
 高熱と腹痛でフラフラゲリゲリになり、2人とも丸2日、ホテルのベッドで唸っているという有様。なんとか体調は回復し、先行していたにしやんの待つホーチミンシティには辿り着けたものの、僕の方は口ぜんたいにブヨブヨのヘルペスができてしまった。これがまた醜くて、ベトナム人も気の毒そうな顔で「あんた、大丈夫かん?」「なんか塗るといいぞん」(←なぜか三河弁)だの言われる始末。あまりにひどいので、女性のパンツのようなカラフルマスクを付けて顔を隠し、ほとんど変質者のような風貌で彷徨していたのでした。

080501-6.jpg

 写真はいつもの女性取材記者。こういう派手なマスクです。バイクの排気ガスがひどく、女性はみな付けているのだ。女はいいが男がするとマジヤバイ。ちなみに撮影場所はハノイ中央郵便局。

 つづく。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク