FC2ブログ

知多半島の名鉄における駅前売店の事例

 コロナでネタ尽き対策企画、古写真の在庫セールシリーズ。今度は知多半島の売店。

200430-9.jpg
(2012.04.17)
200501-1.jpg
(2000.08.15)

 武豊町の河和線・知多新線富貴駅の駅前に2014年まで(→●□)「富貴売店」がありました。知多半島の名鉄の駅名冠売店で僕が撮っているのはここが唯一。きっと他にもあったことと思います。

200430-1.jpg
(1998.02.19)

 知多市の常滑線新舞子駅前の池野商店。ここは「ヤマザキYショップ」としてまだ営業していると思います。この当時の店舗は、建物と庇が駅舎建築っぽくていかにも名鉄構内売店の趣きがありました。

200430-5.jpg
200430-4.jpg
(1996.11.29)

 常滑市の常滑線蒲池駅。売店というか、上りホームに隣接して八百屋がありました。利用者は軒下の野菜や果物を眺めながら乗り降りするという、実に昭和な風情。

200430-2.jpg
200430-3.jpg
(1998.02.19)

 知多市の常滑線長浦駅。ささやかな駅前商店と、ホームに上がらないと行けない駅内商店の跡。名古屋臨海工業地帯の造成前はすぐ背後が海水浴場で、ホーム上の商店も行楽客対応をしていたのかもしれません。
 90年代は知多半島にあまり足を踏み入れていなかったので、名鉄の写真がちょいと手薄…。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

全記事表示リンク