FC2ブログ

カンバンの手帖ブログ版0413

 その稲武で遭遇したカンバンをいくつか。

200330-1.jpg

 年季が入りすぎて柱と同化したような豊田自動車学校のカンバン。

200330-2.jpg

 よく見ると、所在地の表記が「トヨ自工」ではなく「トヨ」と濁点入り!これは誤植というより、このカンバンが製作された当時(昭和40年代?)はまだトヨダと認識していた人が多かったということの証ではないかと思います。

200330-4.jpg

 武節の飯田街道沿いにある食堂の駐車場案内板。屋号の「ニコ天」は「ニコニコ天ぷら」の略か?素敵なネーミング。

200330-3.jpg

 今やなかなかお目にかかれない大型の木枠カンバン。その向こうのもと酒屋には関谷醸造(設楽町)の「蓬莱泉」「玉桂」を含む額型カンバン5枚組。もうそろそろこういうものにも文化財的価値が見出されてもいい頃合いでは。

200330-5.jpg

 西三河山間部で最大最強の珍スポット、足助にある風天洞のカンバン。オープン当初は売り出しにけっこう力を入れていたようで、R153号沿道を中心にこのカンバンをあちこちで見かけたものですが、もう希少品かな?
 風天洞についてはこちらをご覧ください(→●□)。こういう系が好きな人、もしくはヒマで何もすることがないという人は一度行くとよいでしょう。

200330-6.jpg

 稲武はいいところですよね…。
(まさ)

200316-4.jpg
スポンサーサイト



コメント

nao

いいところに!
トヨタとトヨダ。ローマ字表記で国際化が進む前の不可分時代の記憶。それも貴重なんですが、「自工」に激しく反応しちゃったのは、私ならではの歳のせい?
トヨダ自動車工業株式会社…と、工販分離する前の会社名称。今また名古屋トヨペットなどの販売網と工業製造部門が一体化してトヨタ自動車株式会社へ。これからさきは、自動車すらまともに造らない会社になっていき、AIロボット製造とスマートグリッド街づくりと運営のみに特化した住宅系の組織になっていき、傘下に収めたバイエルンのBMWとスズキ自動車あたりに自動車を造らせていくのではないですか?

まさ

トヨタの今後の展開戦略なんか知らんです。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク