FC2ブログ

三河一向一揆関連寺院約二時間ツアー

 春夏秋冬叢書「そう」66号連動ネタで、満性寺の続き。
 今回の満性寺は三河一向一揆がらみの話題が中心となるので、取材を終えた後、撮影担当のカメラマンAさんを連れて岡崎・安城の関連寺院をひとめぐりしてみました。脚注で使うかもしれないからいちおう写真を押さえておきたかったのと、あと昼ぐらいに取材が終わって中途半端に時間が余ったので暇つぶしで…。
 表題のとおり、満性寺を含めて二時間もあれば回れます。

200320-6.jpg

 まずは家康サイド、岡崎市大和町の妙源寺。当地を訪れた親鸞の説法により仏門に入った武士出身の念信が正嘉2年(1258)に創建した寺で、もとの寺号は「明眼寺」。西三河で最も古い真宗道場のひとつとされ、三河一向一揆の際にここに避難した家康が「源」の字を与え、妙源寺に改称しました。 
 この御堂は聖徳太子像を安置する「柳堂」で、正和3年(1314)の築とされ、明治36年(1903)に国の重要文化財に指定されています。堂前の標柱に「国宝」とあるのは、戦前の制度により指定された「旧国宝」の意味。旧国宝・新国宝の違いについては書くのが面倒なので、wikipediaで「国宝」と検索して各自お調べください。

200320-2.jpg

 以下は一揆を起こした本願寺派の寺院で、いちおう作っておいたけれど本誌で割愛された没脚注(太字部分)です。
 上宮寺(じょうぐうじ)/岡崎市上佐々木町。推古天皇6年(598)、聖徳太子が開山したと伝わる。詳しくは「そう」59号の地名探訪「佐々木」を参照。
 昭和63年に火災で焼失し、平成8年に再建された本堂が寺とは思えない建築物で、初めて参拝した時は衝撃を受けましたが、カメラマンAさんも驚いておりました。

200320-3.jpg

 本證寺(ほんしょうじ)/安城市野寺町。建永元年(1206)頃、天台僧で親鸞に帰依した慶円により創建。中世の城郭寺院の形態をよく留め、平成27年に「本證寺境内」として国史跡に指定。
 城郭みたいな構造になっており、初めて参拝した時は衝撃を受けましたが、カメラマンAさんも驚いておりました。

200320-4.jpg

 勝鬘寺(しょうまんじ)/岡崎市針崎町。正嘉2年(1258)、了海が開いた道場が起源とされる。
 いずれの寺院も西三河住民だったときに取材・趣味等で訪れたことがあり、久々に地元住民の気分でツアコンができて楽しかったです。
 西三河真宗寺院ツアーはこちらも(→●□●□
(まさ)

200316-4.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク