FC2ブログ

モとモナカ

 揖斐・谷汲線の保存車両といえば去年の秋、金公園に保存されていたモ513が岐阜駅北口の駅前広場に移設されたのには驚きました。

200305-4.jpg

 野ざらしなのがちょっと不安ですが 、いずれ屋根の建設資金が確保されることを期待。そういえば岐阜市内線が生きていた当時、岐阜駅前電停は道路の真ん中で屋根もホームもなかった覚えがあります。

200305-6.jpg
(2008.11.05)

 ちなみに金公園時代の保存状況はこんな感じ。岐阜駅前にあるほうがいいですね。

200305-5.jpg
(1996)

 でもって、そのモ513の現役時代。我が地元、本揖斐駅にて。懐かしすぎて涙が出そうだ…。
 車両の側面には岐阜を代表する銘菓「起き上り最中」のカンバンが見えます。起き上り最中は少し前の記事でも触れましたが、西柳ヶ瀬に本店のある和菓子店で、暮れに旅行雑誌の取材で行きました(→●□)。

200306-2.jpg

 本店の立地はかなりシブいですが(右側の自転車がたくさん停まっているほうが店舗)、岐阜駅のキヨスクのほか土産物店やスーパーなど岐阜県内の広範囲で販売されており、岐阜では超メジャー和菓子です。その昔、東海道本線の沿線によく屋外看板が建っていました。
 創業が戦後なのでさほど古い店ではないのですが、取材のとき店の方に聞いたところでは、創業者が岐阜名物を創出しようと考案したとか、岐阜駅の構内売店の組合長をやっていたこともあって国鉄沿線にカンバンを出したとかで、どうやら岐阜の戦後観光史においてけっこうキーマン的な店であると見ました。
 揖斐線の電車を撮った当時は、起き上り最中のカンバンはありふれた存在だったので気にも留めませんでしたが、、カンバンのアップも撮っておけばよかった…。

200306-1.jpg

 これが起き上り最中。あんこぎっしりでうまい。
(まさ)

(2020.04.24追記)
 市内線がまだ走っていたころの岐阜駅前電停付近と岐阜駅。ブロックを積み上げたような一昔前のモダン風情の先代岐阜駅は好きだった。

200305-8.jpg
200305-9.jpg
(上:1998.02.25/下:1998.02.21)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク