FC2ブログ

新しくない地図0003

 常滑市南部で見られる古い地図といえば、古場町にある古場駐在所に昭和50年代モノと思われる案内地図が立てられています。

200215-1.jpg

 マニアの私もさすがに警察機関は観察対象ではないので(ジロジロ見てると職質されそうなので)、駐在所の案内地図の有無は気にしたことがないですが、今ではあまり見かけない「昭和の遺物」のような気がします。

200215-5.jpg

 クリックして拡大してご覧ください。特に赤丸で囲った箇所は主なチェックポイント。右(南)から順番にいくと

1、今はなき日本油脂専用線(昭和61年廃止→●□
2、大谷以南が未開通のR247バイパス
3、「陶芸村公園」と記されている桧原公園
4、海辺にあった西浦北小学校(平成9年に現在地に移転)
5、今はなき常滑山方郵便局(平成3年に移転して常滑市場局に改称)
6、今はなき日本陶業(現在のバロー常滑店)
7、終端駅だった常滑駅

 他にも今はなき店や施設がいろいろ描かれており、40代以上の常滑市民が見れば面白いのでは。ぜひ現物を見に古場駐在所へ!

200215-4.jpg

 ちなみに「陶芸村公園」というのは、常滑在住の陶芸家の工房を桧原に集めようという構想で、昭和47年から市がスタートさせた事業です。しかし場所が不便すぎて移住希望者が集まらず頓挫。その後、県と市が共同で環境保全林として整備し、昭和58年に桧原公園として部分開園しました。
 園内には平成6年に建造された配水施設があり、その屋上は展望台になっています。施設としては面白いけど眺めは正直、微妙かな…。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク