FC2ブログ

岐阜県内の光秀ビューその4

 伝・光秀ゆかりの地シリーズ。土岐では、JR土岐市駅から南へ市街中心部から南へ8キロほどのところにある妻木城跡に行きました。土岐市観光協会のサイトには「明智光秀の妻とされている『煕子』の実家の妻木氏は、土岐市南部の妻木城を拠点とした土岐明智氏の一つです」とあります。
 光秀からちょっと遠くね?と思ったけど、よくよく市のPRフレーズを見ると「土岐明智氏ゆかりの地」であって「光秀ゆかりの地」とは一言も言っていませんね。

200202-1.jpg

 妻木城は標高約400mの山上にあった城で、歩いて登らなければならないのだったら行かずに済ますところでしたが、幸いなことに林道経由で簡単に登れます。駐車場のすぐ先から、このようなワイルドな城の遺構…らしき状態の場所が現れます。わたくし城マニアではないので、案内板とかあってもそれが城の遺構なのかどうか判断がつきません。

200202-2.jpg

 木立を縫って、城の表側の「三の曲輪跡」に出ると、見事な絶景が広がっていました。

200202-3.jpg

 眼下には建物が密集する妻木(→●□)、下石(→●□)の町並みが。

200202-4.jpg

 東濃の山並みの向こうにはドカンと御嶽山が。

200202-5.jpg

 あと、山の中にポツンと一軒家ならぬポツンと団地が。角度からすると「下石陶史台団地」と思われます(なんという思い切ったネーミング…)。虫食いのように丘陵地に開かれたコロニー的な団地は、実に東濃西部らしい風景です(これとか→●□)。

200202-6.jpg

 三の曲輪跡のすぐ上にある二の曲輪跡には石垣も。これは僕のような城素人にもわかりやすい。
 場所は下の地図の「407m」のあたり一帯。


(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク