FC2ブログ

岐阜県内の光秀ビューその3

 伝・光秀ゆかりの地シリーズ。瑞浪では、市街中心部から北東へ3キロほどのところにある鶴ヶ城跡に行きました。鎌倉時代に土岐光衡が築いた城で、織田軍による天正10年(1582)の武田攻めの途上、信長・信忠父子と光秀がこの城を進軍の中継点にしたとかなんとか。
 中央道のすぐ脇に登り口があり、わずか5分ほどで本丸跡に登れます(ただし駐車場がないので要注意)。

200126-1.jpg

 おお、標高は大したことはないけれどなかなかの好眺望。信長もこの眺めを見ながら武田攻略の策を巡らしたのだろうか、というようなことを城マニアの人は思うのだろうか。

200126-2.jpg

 その下の西出丸跡からは瑞浪市街が眺められます。直下には中央本線が走っているので、鉄道写真家の中井精也さんも来られるとよいのではないでしょうか(すでに来ていたらスイマセン)。

200126-3.jpg

 あと、城跡の下あたりからは美しく蛇行する中央道を上から撮れたりもするので、高速バスの走行写真を撮りたいというマニアの方にもおすすめ。
(まさ)

◎マルカドブックス
ヨンダホ0527~全国高速バスの不思議と謎→●□
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク