FC2ブログ

可児明智ネットワーク

 その可児市の明智城ですが、山上に行くと展望台(→●□)のほかに休憩所も設けられていました。

200121-3.jpg

 小ぶりな山の城跡とはいえ運動不足の身にはこたえるので、こういう座り込める場所があるのはいいですね。しかし、中に掲示されている案内板を見て驚いた。なぜか可児市の観光マップではなく、白川茶で知られる白川町の観光マップが!

200121-4.jpg

 んんん、どうゆう事?と思ったら、案内板の片隅に経緯が記されていました。曰く、「この施設は、岐阜県の県産材需要拡大施設等整備事業の補助を受けて可児市のご協力をいただき、白川町産材の間伐材を使用し岐阜県加茂郡白川町が設置しました」。施工は、東濃ひのきと白川の家建築共同組合、完成生年月日は平成19年1月31日、事業費は100万円。
 なるほど、事情は分かったが、観光客は困惑するよね…。
 ちなみに県民以外はあまり知らないと思いますが、可児市と白川町は生活・行政圏域的には同じ地域で、可児市・可児郡・美濃加茂市・加茂郡をひっくるめて「可茂」と称することもあります。

200121-5.jpg

 あと明智城界隈では、山麓にある明智氏の菩提寺、天龍寺にも行きました。ここには光秀の命日の6月13日にちなんで6尺1寸3分(約183cm)の巨大な位牌があり、実物を見ると思わずのけぞるのですが、ほかにもこんなものが。

200121-6.jpg

 光秀コスプレ歌手のポスターである!聴いてみたい!
 しかしこの方、どこかで聞いたことがあるぞ…と記憶をたどってみると、遠州水窪の山奥で看板に遭遇したことを思い出しました。

200121-1.jpg
(2017.10.26)

 青崩峠(→●□)の下にある足神神社の駐車場にて。まさか可児と水窪がこんな形で繋がるとは…。
 お名前からすると浜北の方と思われます。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク