FC2ブログ

あっち側の豊浜

 その土御前神社の伊勢神宮遥拝所の向こうに伊勢市が見えているわけですが、伊勢市の海岸部にも同名の豊浜という地区があります。下の地図の赤い部分が、伊勢市豊浜地区のだいたいの範囲。

 宮川河口ののっぺりした土地に広がる地域で、東豊浜町・西豊浜町・磯町・橿原町の4集落から成っています。豊浜の名は明治22年に合併新村が発足した時に付けられたもので、昭和30年まで「度会郡豊浜村」を名乗っていました。
 知多豊浜からだと直線距離でたったの30kmですが、車で行くと高速経由で約170km、2時間半弱もかかります。こっち側の豊浜取材と前後してちょうど伊勢方面でも取材がありまして、これもなにかの縁と感じ、あわよくばローカル媒体のネタにと思って取材のあとふらふら立ち寄ってみました。

200108-1.jpg

 とりあえず、東豊浜町の先っぽに整備されたある漁港へ。半島最大の漁業基地である知多豊浜に比べるとさすがに小規模で、かなりのどかな雰囲気です。
 その東豊浜町も、漁村らしく民家が密集してセコ道が入り組んでおり、なかなか面白いところ。

200108-4.jpg

 シブい、シブすぎる!

200108-3.jpg

 シブすぎて言葉もない…。
 気になったのは、いくつかの角に「石敢當」の石柱が立っていること。これって、沖縄の町や集落でよく見かける魔除けアイテムと同じモノでしょうか。伊勢にも分布しているのだろうか?知多半島でも渥美半島でも見たことがありませんが、さすが神の国は何かが違う…?

200108-5.jpg

 石敢當のほかには「市神」的な神棚にも遭遇。コンクリートブロックの覆いが実に味わい深い。

200108-2.jpg

 家がぎっしりと建て込む集落の真ん中には、ぽっかり空いた広場的な空間があり、ちょうど三交バスも停まっていてこれまた実にいい感じ。車ではなくローカルバスで訪れて、もっと旅情を満喫したかったところです(この路線の途中にはこんなバス停も→●□)。

200108-6.jpg
 
 近くの海岸から知多半島をを望む。どの辺が知多豊浜なのかはわかりにくいけど、半島最高層建築のチッタ・ナポリ(→●□)だけはよく目立ちます。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク