FC2ブログ

やきもの散歩道Oコース/カンバンの手帖ブログ版0406

 先日の夕暮れ時、久々に知多市岡田の町並みを散策。

191204-1.jpg

 岡田は知多木綿の集散地として栄えた町で、早くから地域住民による町づくり活動を活発に行ってきた地域です。狭い谷あいに連なる古い家並や、体験工房の木綿蔵ちた、岡田簡易郵便局、おかきや辰心などが見どころ。最近は知多木綿製品のアンテナショップもできたようです。
 そんな町を不審者だか観光客だかよくわからない風采でフラフラ歩いていたところ、常滑焼をいくつか発見。

191204-2.jpg

 そこそこの規模の焼酎瓶の土留めが見られる勘右衛門坂。岡田は案内板が多くて面白いです。

191204-3.jpg

 多聞天(毘沙門天)を祀るお堂、

191204-4.jpg

 の手水舎の井戸筒が、手水鉢を遥かにしのぐ存在感で驚いた。町中ではなかなかお目にかかれないサイズではないでしょうか。あと、手水と井戸筒の間にある土管も気になりますが、何の用途かわかりません。

191204-5.jpg

 その多聞天の向かいにある旧酒屋には、半田の消えた蔵元の銘柄カンバンが健在。下半田・田中酒造の「清正」(→●□)、亀崎・天埜酒造の「初夢桜」(→●□、現在は盛田の系譜に連なる金しゃち酒造が蔵と銘柄を継承)、亀崎・伊東合資の「敷島」(→●□)で、三役揃い踏みの様相だ!

191204-6.jpg

 あと、市制施行前の遺物。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

全記事表示リンク