FC2ブログ

カンバンの手帖ブログ版0405

 彦根は結納シティであると同時に喫茶店シティでもあるようで、銀座街界隈で何軒かそそる店やカンバンに遭遇しました。

191114-1.jpg

 パーラー併設の和菓子屋。シブい、シブすぎる。このあと仕事の予定がなければ一服していきたいところだが…。

191114-2.jpg

 スタンダードな喫茶店。漢字版もカタカナ版も昭和なロゴが味わい深い。デザインから想像するに、創業者はむかし登山愛好家だったのでは。

191114-3.jpg

 こちらはすでに営業してなさそうな喫茶店。昭和メルヘンなロゴ。
 喫茶店以外にもいくつか。

191114-7.jpg

 ストレートすぎる昭和な店名が、逆に現代ではカワイイと女子に評価されそうな店。

191114-4.jpg

 どういうわけだか「お面推し」の玩具店。なぜビニールで保護⁉彦根にはなにか知られざる民間習俗みたいなものがあって、意外とお面の需要があったりして。

191114-5.jpg

 あとオマケ、銀座街から外れた通りで発見。何の飾り気もないけれど、文字がシンプルで力強く、心を捉えて離さない一品。楷書の「犬猫」はパンチがあります。
 彦根のカンバン等はこちらも→●□
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

nao

すべてシブイ
すばらしい喫茶店の数々をありがとうございました。「らんぶる」なんぞは、東京の新宿3丁目にも同じ書体&様式&同じ佇まいで、名曲喫茶として存在しとったがや。わしゃ、よー通ったよ。渋谷の「ライオン」と高田馬場の「あらえびす」とともに、東京におけるクラシック音楽の名曲をレコード音源と超巨大タンノイ、JBL・スピーカーシステムで堪能できる貴重な喫茶店として、私は重宝したもんです。あのロゴが、こんなところになぜ? 確かに面喰らいました!「お面~」一発、って感じ。

まさ

「すばらしい」かな…?
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク