FC2ブログ

桶タワーとビッグ桶

 知多半島の寺で見られる陶製や石製の「天水桶」は、ぜんぜん桶じゃないじゃん!ということを前回書きましたが、実は首都圏の寺では桶が多かったりします。

191015-1.jpg
(2015.07.09)

 たとえばこれ。今や世界レベルで有名な浅草観音浅草寺に寄進された鋳物の天水桶とか。これぞまさしく天水「桶」。製作は鋳物産地として有名な東京近郊の埼玉県川口市の鋳物師。天水桶にも地域特性が現れるのです。
 首都圏の寺をそんなに回ったわけではないので、これを「東のスタンダード」と言い切れるかどうかは分かりませんが、ほかにも川崎大師(→●□)で見ているし、まあスタンダードってことでいいんじゃないかなと…。あとここでも(→●□)。
 あと、先の8月に千葉県北総の義両親移住を訪ねた際、暇つぶしに参詣した成田市の宗吾霊堂(→●□)でも見ました。

191015-2.jpg

 宗吾霊堂と言っても、東海地方の人にはピンとこないんじゃないかと思います。
 正式には「鳴鐘山東勝寺宗吾霊堂」という真言宗寺院で、江戸時代の中ごろ、領主の悪政に反発して将軍家綱に直訴し磔刑に処された佐倉宗吾(木内惣五郎)を祀っています。全国的に有名な成田山新勝寺(→●□●□●□●□)から南西へ約5kmのところにあり、最寄り駅は京成本線の宗吾参道駅。成田山ほどではないにしろ千葉県北部ではかなりメジャーな霊場であり、初詣はもちろん、平日でもそれなりに賑わっている模様です。
 ここでは内側に巨大桶、外側に桶ピラミッドが配置されています。屋根から樋が伝っていないので実用性はなく、モニュメント的に置かれたものでしょう。なお、暑くて面倒くさかったので銘の確認は迂闊にも怠りました。

191015-3.jpg
191015-4.jpg

 境内の薬師堂には、桶を模したセメント製(?)の天水桶も。

191015-5.jpg

 薬師堂の軒にはこれを寄進した消防組の奉納額も掲げられており、そこには「天水桶」の文字も書かれておりました。額の左端に「再建」と記されているので、もとは鋳物だったのが、戦時中の鉄材供出で撤去され、戦後再建されたのかもしれません。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

ナオ

やってくる〜やってくる〜の貞子の井戸は?
ホラー映画『貞子』に登場する井戸の桝は、常滑土管ですか?

まさ

観たことがないのでわかりませんが、陶製で筒状ならたぶん常滑産と思います。

nao

ありがとうございました
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事表示リンク