FC2ブログ

四代目Jソウル三河田原駅

 先月、とある取材で渥美半島に行った折、三河田原駅前に今年1月オープンしたABホテル田原に宿泊しました。東三河をうろつき始めてから来年で30年になりますが、半島先端ならともかくまさか田原市街で宿に泊まる日がこようとは思いもよりませんでした。普段は車中泊も辞さない私がなぜ泊まったかというと、ネット予約を見たらたまたま格安だったので…。

190902-6.jpg

 ここ数年、田原には年に一度くらいは来ているのですが、ホテルの窓から三河田原駅界隈を改めて眺めると、その変貌っぷりにたまげるばかりです。愛大の学生だった90年代前半、「田原が市制施行を目指しているらしい」「駅周辺で大規模な再開発が計画されているらしい」と聞いた時には、「ハァ?田原が?」と思わず苦笑してしまったものですが、長い時を経て「よくぞまあご立派になられて…」という感じです。おみそれしました。どうもスイマセン。
 そんなわけで、三河田原駅の変遷を手持ちの写真から追ってみたいと思います。最近は古写真ネタばかりで、終活みたいですね。

190902-1.jpg
(昭和10年刊行「渥美郡勢要覧」より)

 開業時に建てられた初代駅舎。まだ黒川原駅(→●□)まで路線が通じていた時代です。「タバコ」の看板が見えるのは構内売店。

190902-2.jpg
(1970年代撮影。愛知大学豊橋校舎鉄道研究会OB会所蔵)

 2代目の駅舎。僕が大学時代に所属していたサークルに保管されていた写真です。こちらも参照→●□

190902-3.jpg
(1993.08.06)

 2代目駅舎は、僕の大学時代にはまだ健在でした。半島の交通拠点らしい風格があって、いい駅舎だった。

190902-7.jpg
(1993.08.06)

 感涙ものの風情である。

190902-4.jpg
(1995.06.19)

 上の写真の一年後に改築された3代目駅舎。2代目に比べるとなんともいえずチープな感じですが、「駅前エリアの再開発事業を見越して暫定的に建てた駅舎」という話を新聞で読んだか地元の人から聞いたような記憶があります。それにしても、なぜ左右非対称なのか意図がわかりません。

190902-5.jpg

 そして4年前に建てられた4代目の現駅舎。
 アルバムを漁っていたら渥美線の他の駅舎の写真も出てきましたが、またいつか…。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク