FC2ブログ

ザ・ミュージアムシティ

 先月下旬、とある仕事で8年ぶりに松本へ(前回→●□)。

190718-2.jpg

 今回の取材の目的地は信州大学。松本駅から約3kmと微妙な距離で、本来ならバスで行きたいところ。ですが、予定の時間までだいぶあったので歩いて行ってみることにしました。

190718-3.jpg

 とりあえず松本駅前からまっすぐ伸びる大通りをダラダラと東へ。道幅が広く、店などはまばらで、おまけに電線地中化もされているので、駅前通りにしては随分とサッパリした印象。せっかく松本まで来たのにイマイチ気分がアガりません。
 しかし、十数分歩いたところで、この地味な風情を一気にひっくり返す物凄いモノに遭遇。

190718-1.jpg

 松本市美術館の屋外に展示された草間彌生の作品だ!突然現れて本当にたまげた。
 なぜこんなブッ飛んだものがあるのかと思ったら、松本は草間彌生の出身地なのでした。ぜんぜん知らなかった。今回は観光系の取材ではないので、ここで草間彌生の常設展をやっているという事前情報も当然ながら仕入れていません。「こりゃ儲けた」ってな気分で入館し(一種の情弱)、摩訶不思議な草間ワールドを堪能してきました。

190718-4.jpg

 美術館を出てさらに5分ほど東へ進んだところで駅前通りが尽きると、そこには旧制松本高校(信大の前身)の見事な木造校舎がでーんと構えています。こちらは、存在は知っていたけれど間近で見るのは初めて。

190718-6.jpg

 旧校地は「あがたの森公園」として整備されており、これまた見事なヒマラヤ杉の並木が。この並木の中に「旧制高等学校記念館」というミュージアムがあったので、こちらもついでに見物していくことに。

190718-5.jpg

 館内にはかつての学生寮を復元したコーナーもあり、草間ワールドとは真逆の激シブワールドが広がっておりました。どっちも面白かったけど、1時間にこの2館を制覇すると脳がカオス状態に…。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

nao

本文拝見いたしました
北杜夫、辻邦夫らを彷彿とさせますが、ここを目的に陶芸あがたの杜教室に出る…という親族を安曇野で受け入れたことが25年ほど前にございましたなぁ。そんなことを思い出させていただけました。信大の旧景、よく残っていますね、さすが未来展望以上に過去遺産を大事にする信州人…ってヤツなのかなぁ、と勝手に思ってみたり。

まさ

歴史的建造物にまったく執着しない遠州人に見習ってほしいところ。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク