FC2ブログ

人気のわらびもち屋と、天竜二俣にあったアーケード

 春夏秋冬叢書「そう」63号連動ネタ。
 今号の巻頭特集は「好日出現」ということで、ある決まった時期にだけ出現したり、ある場所で不意に出現したりするものをいくつか取り上げています。その中で、女性取材記者(まり)と女性カメラマンYさんが、浜松市天竜区二俣に夏の間だけ姿を現すリヤカー屋台のわらびもち屋をルポしました。

190704-7.jpg

 7年前の夏、天竜二俣駅近くのファミマ前で不意に遭遇し(→●□)、そのうち本誌でも取り上げたいと思っていたところ、ようやく合致するキーワードの回になったのでした。

190704-9.jpg

 ただ、昨夏は常識はずれの猛暑などのためリヤカー販売は不定休状態で、取材に苦労したようですが…。
 女性取材記者が書いた記事によると、現店主は平成24年に跡を継いだ二代目で、それ以前は現店主のお母さんが70代まで引いていたとのこと。
 実はわたくし、20年ほど前に先代がリヤカーを引いて二俣の町を売り歩いているところに偶然遭遇して衝撃を受けたことがあるのですが、古いアルバムを探したら当時の写真が出てきました。

190704-3.jpg
(1997.04.27、以下同じ)

 今は「クローバー通り→●□」と呼ばれる中心商店街に、歩道アーケードがあった時代です。昭和50年代と言っても通用する風情、リヤカーが実によく似合う。

190704-4.jpg

 クローバー通り沿いの「かどや旅館」の角で細い道に入り、西町(旧西町銀座→●□)へ向かう途中で、常連さんが買いに来たところ。この頃は、この細道にも商店が連なっていました。
 奥の酒屋さん(枡屋酒店、建物は変わったが店は現存)に掲げられているカンバンは地元の蔵元、中部醸造の銘柄「日本勢(ニホンイキオイ)」と「樹里(ジュリ)」。樹里というと今は上野ですネ!中部醸造は浜北の中瀬にあったとどこかの酒屋で聞いた記憶がありますが、詳しく調べていないので情報をお持ちの方はぜひご教示ください。

190704-1.jpg
190705-8.jpg

 当時の市街地にはまだこういうモノも残されていました。昔のガソリン給油機で、砂糖や米などを扱う卸・小売商、鎌田屋の店先にあったものです。ガソリンスタンドがなく車も少なかった時代は、こんなところで給油していたのでしょう。

190705-6.jpg

  このような木製の町名表示板も。天竜市の市制施行は昭和33年なので、これは昭和38年に設置されたもの。
(まさ)

190616-6.jpg
スポンサーサイト



コメント

nao

いろいろありますが…
うかがってみたいこと、山のようにあるのですが、またいつかということで。それにしましても、貴重な画像でしたね。撮っておくもんですね。

まさ

郷土の面接のとき自作した三河遠州の商店写真集を持って行ったところ、高橋さんと支社長にバカ受けしたことを思い出します。古い写真を就活ツールに使って就職したわたくし…。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク