FC2ブログ

国鉄の匂い~石部駅編

 で、次の取材先のアポ時間までかなり余裕があったので、柘植駅から20年ぶりに草津線に乗ってみました。

190508-9.jpg
(草津線イメージ、柘植-油日間にて)

 特にこれと言って特徴のない地味な路線と思っていましたが、車窓に流れる近江南東部の田園と里山の風景は穏やかで心地が良く、沿線をもっと回ってみたくなりました。まあ、マイナーすぎて中央の媒体でがっつり取り上げられる機会はまずないと思いますが。
 40分ほど乗車して、終点の二つ手前の石部で下車。

190508-6.jpg

 ここはホームに石灯籠が置かれており、シュールな雰囲気に…。かつてはささやかな駅庭があったのでしょう。

190508-7.jpg

 駅舎は横長の平屋建て。実に国鉄チックで味わい深い。実は20年前に草津線に乗った時はひとつ草津寄りの手原駅からここまで旧東海道を歩いており駅は二度目なのですが、あまり記憶にありません。こういう地味な駅舎も、時を経てだんだん味わいが出てまいりました。

190508-8.jpg

 この駅舎の味わいポイント、外装タイルと駅名サイン。This is 国鉄スタイル。

190509-1.jpg
(1998.08.31)

 昔のアルバムを見返してみたら、記憶にないとかいいつつしっかり押さえてました。変化は、駅前から電話ボックスが撤去されたことくらいでしょうか。

190509-2.jpg
(1998.08.31)

 あとオマケ、消え去った草津線の古駅舎群。右上から時計回りに、甲賀、寺庄、甲南、手原。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク