FC2ブログ

国鉄の匂い~柘植駅編

 とある取材でGW直前に三重から滋賀へと車で回りまして、その途上、関西本線と草津線が交わる柘植駅に立ち寄ってみました。

190508-1.jpg

 来るのはたぶん15、6年ぶり。実際に列車の乗り降りで利用したとなると、30年くらい前が最後でしょうか。昔ながらの駅舎が健在で何より。

190508-4.jpg

 閑散とした雰囲気も昔と変わらず。

190508-5.jpg

 集落の中心部から離れた場所にあるこの駅は、構内が広くて側線も多く、伊賀・伊勢・近江の三国国境らしい僻地感が漂っており実に味わい深い。まさに国鉄の匂いがする駅。そんな駅も時代の波というか、観光客を意識した「忍者屋敷化」がなされていたのには驚きましたが(→●□)。

190508-2.jpg

 あと国鉄の匂いといえば、駅舎の前に築庭があるもの国鉄チック。

190508-3.jpg

 その傍らには天王寺鉄道管理局長の銘ともに「安全の泉」と記された石碑が!こういう駅庭に名称があったとは…。
(まさ)

◎駅庭の一例
宇部新川駅→●□
武豊駅→●□
三河八橋駅(高架化前)→●□
スポンサーサイト



コメント

nao

渋い!
諏訪湖に近い中央線の某駅舎の「駅温泉」も思い出してしまいました。関西本線の柘植駅、懐かしいですが、手裏剣突き刺さる姿は、痛々しくも今風で、それなりのお客様を集めているのかと寒心させられたもんです。それにしましても、スゲー変則的な取材エリアでしたね。

まさ

18きっぷの旅です。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク