FC2ブログ

カンバンの手帖ブログ版0389

 佐久間ダム湖沿いの道は、佐久間ダムの堤体を渡って右岸を通るのが県道1号(飯田富山佐久間線)、左岸を通るのが県道288号(大嵐佐久間線)になっています。

190410-1.jpg

 栄光のNo.1である。昭和の人には王貞治である。3県共通の県道番号で、起点から終点までどこを走っても山奥という楽しい道です。

190410-2.jpg

 堤体を渡らずにそのまま左岸を進む県道288号は、起点付近と終点付近以外は長年にわたり通行止めになっていることで一部マニアの間では有名です。分岐してすぐのところに標識がありますが、普通は走行車両から見て正面になるよう建てられるところを、あえて誇示しないという意図なのか道路と並行に建てられており、県の担当部署の苦悩が伺えます(そうか?)。

190410-3.jpg

 前回の広場のすぐ先から通行止め。
 左の案内は昭和のもの。見たところ昭和50代に設置されたもののようです。落石のおそれがあるので県道1号に迂回するよう求めていますが、この書き方だと、当時はまだ通ろうと思えば通れるような感じ。ちなみに8年前、沿線の夏焼集落(→●□●□)在住のおばあさんから聞いた話では、昭和50年代にはすでに通行できない状態だったとか。
 右の案内は平成のもので、今はなき水窪警察署の名前入り。こちらには当分のあいだ通行不能の旨が書かれていますが、もはや永久に復旧することはないでしょう。
 なお、この道の大嵐側の状況はこちら→●□

190410-4.jpg

 そんな佐久間ダム周辺は天竜奥三河国定公園に指定されており、それを示す昭和チックな石碑も建てられています。今の時代に国定公園といわれてもほとんど価値不明ですが…。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

nao

オオゾレミーヨ
大嵐見よ! そこには飯田線の雄姿あり。さいきんは、融資しか要らんか?

まさ

ちょっとなに言ってるのかよくわからない(🄫サンドウィッチマン富澤)。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク