FC2ブログ

カンバンの手帖ブログ版0380

 千葉県北総地方は、北総鉄道&成田スカイアクセス線の沿線に千葉ニュータウンなどの巨大住宅地が集まり、それが今なお膨張を続けているという日本屈指の「成長的ベッドタウン」です。行くたびに少しずつ変化する様が大変興味深いのですが、このエリアの一角を占める印旛日本医大駅(→●□)の駅前では、大規模な宅地造成工事が始まっていました。
 去年の夏にはまだこんな感じ。

190120-1.jpg

 高原の別荘地を思わせるさわやかな風景です。中央に見えるみょうちきりんな建物は印旛日本医大駅。荒野に不時着したUFOにしか見えない…。

190120-2.jpg

 それがこの正月に行ってみると整地の真っ最中。うーん、異郷感あふれる絶景が失われたのは惜しい…。

190120-3.jpg

 造成地の片隅には、平成22年に印西市に合併された旧印旛村時代の案内板が健在でした。5年前に初めてこちらの方へ来た時に見つけてからというもの、いつ撤去されるのか気になってずっと生存確認をしてきましたが、造成すればいよいよ用なしになるのでしょうか。

190120-5.jpg

 その地図をよく見ると、造成地の半分くらいが「いには野ヴァリオ」「ランドロームフードマーケット」という商業施設になっていたようです。意味不明の横文字が時代を感じさせます。
 この地域は、一度は開発が進められて商業施設を誘致したものの、何らかの事情(売上不振?)で施設が撤退し開発も頓挫。長らく土地が放置されていたのが、今になってようやく開発ががリスタートしたらしい。まさしく、東京近郊における大規模開発の“生きた教材”です。この案内図も、撤去するならぜひ地元の資料館に移設保存してほしいものです。

190120-4.jpg

 造成中の宅地の隣接地には、オリンピックを見越して東横インが建設されるとか。オリンピック後にどうなるのか興味津々!
(まさ)

(2019.10.16追記)
 8月に再訪すると、住宅の建設工事の真っ最中でした。大手ハウスメーカー6社の共同開発のようで、いかにも今どきな「はじまりのマチ」というゆるふわな名称が付いています。なお、上にアップした旧印旛村時代の案内板は、8月時点ではまだ健在でした。

191016-8.jpg
191016-9.jpg

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク