FC2ブログ

常陸の鹿の宮

 正月二日は北総からちょいと足を伸ばしまして、常陸国一宮として有名な茨城県鹿嶋市の鹿島神宮に詣でてみました。滞在地の印西市から約60km、車だと下道で1時間半弱の距離です。愛知の距離感覚で言うと、西三河の人が豊川の砥鹿神社に行ったり、東三河の人が遠州森町の小国神社に行ったり、南知多の人が尾張一宮の真清田神社に行ったりするようなものでしょうか(たとえがわかりにくい)。 

190110-1.jpg

 そんなわけでやって来ました鹿島神宮。さすが有名神社だけのことはあって、なかなかの賑わいっぷりです。参道に何軒もの漬物店が並んでいるのは、なんとなく関東地方っぽくていいですネ。ちなみに成田にも漬物屋が多いです。東海地方の社寺門前ではあまり見たことがありません。
 あと、写真の正面に見える楼門前の一等地に鹿島アントラーズのグッズショップがあったことにも驚きました。

190110-3.jpg

 人波に乗って楼門をくぐるとすぐ、右手に拝殿が。んんん?どうゆう事?一般的に拝殿というと、参道の突き当りにあるものでは?境内に入っていきなりクライマックス?一瞬、その独特の配置が飲み込めず、通過しそうになってしまった。

190110-4.jpg

 しかし参道はさらに奥へと伸びており、参拝者の多くは拝殿で参拝した後もずんずん進んで行きます。どこに通じるのかわからないまま、我々もなんとなく先を目指してみました。

190110-6.jpg

 するとその途上には鹿園が。さすが鹿の神社。

190110-5.jpg

 さらに進むとやがて奥宮が現れ、そこが参道の終点。奥宮はなぜか鳥居をくぐって一組ずつ参拝するしきたりになっているようで、ずらっと行列ができていました。我々は常陸国の住民でもないので並んでまでお参りはせず、「なるほど、こうなっていたんだ~」と納得して引き返したのでした。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク