FC2ブログ

墓を探して裳立山を徘徊

  春夏秋冬叢書「そう」61号連動ネタで前回の続き。
 もたて山駅から今回の最大の目的地であるペツォルト夫妻の仏塔までは500mほど。駅には案内板もありませんでしたが、事前に延暦寺の方からだいたいの場所を聞いていたので、そちらへ向かって迷うことなく鬱蒼とした杉木立の中の道を歩いて行きました。

181230-1.jpg

 やがて道端に見つかったのは、朽ちかけた案内板。それに従いわき道にそれて少し登ると、何もないところにいきなり仏塔が出現して驚いた。

181230-2.jpg

 おお!ついに見つけた!ジャングルで探検隊が未知の遺跡を発見した時のような気分だ!駅から徒歩5分くらいだけど。
 しかし、なんでまたこんな寂しい場所に、こんな立派な供養塔が建てられたのか?延暦寺で閲覧させてもらった資料によると、ここ裳立山に墓を作ってほしいと希望したのは、僧侶のペツォルト氏ではなく、実は先に亡くなった夫人のハンカらしい。なぜそんなことを思い立ったのかまではその資料には書いてありませんでしたが、ドイツ語の教師から天台僧侶に転身した夫とともに比叡山に通ううち、比叡山が気に入ったのでしょう。
 それにしてももうちょっといい場所に建ててあげれば…と思うのですが、おそらくここはかつて、琵琶湖と大津の町を眼下に見下ろす眺望絶佳の場所だったのではないでしょうか。しかし、戦後の植林政策で杉の木を植えまくり、いつしか木が育って視界が悪くなってしまったのでしょう。

181230-3.jpg

 ついでに、駅に案内板のあった紀貫之の墓にも足を伸ばしてみたところ、数日前の台風で大変なことに!

181230-4.jpg

 しかし、墓はかろうじて無事でした。

181230-5.jpg

 どうにもシブいとしか言いようのない裳立山、人によっては薄気味悪く思えるかもしれません。しかし時折、静かな山の中には時折ケーブルカーの滑車の回転音とロープのこすれる音が響き渡り、なかなか味わい深い山歩きでした。僕が行ったのは9月の曇天でしたが、心地よい新緑の頃に墓探しに行けばきっと誰もが楽しめるはず…?
(まさ)

181215-1.jpg
スポンサーサイト

コメント

まさ

むかい
☎0595・82・3344/11:00~13:30LO・16:30~20:30LO、第1・3日曜休/三重県亀山市東町1-5-1/JR関西本線亀山駅から徒歩10分
三重県を歩くなら腹ごしらえは松阪牛
亀山宿の中心部にある昭和初期創業の肉料理専門店で、地元ではしゃぶしゃぶ風の鍋料理「水炊き」の元祖として有名。ランチには目利きの店主が厳選した松阪牛をふんだんに使った牛重やハンバーグなどが人気だ。


亀山市歴史博物館
☎0595・83・3000/9:00~16:30入館、火曜(祝日の場合は翌日)休、3/25・27~29臨時休館/三重県亀山市若山町7-30/JR関西本線亀山駅から徒歩20分
宿場町と城下町の深い歴史を知る
亀山城跡の北西にある公立のミュージアム。東海道の宿場町でもあり、亀山城の城下町でもあった亀山の歴史を、文書や絵図、出土品など豊富な資料でさまざまな角度から紹介する。街道から少し足を伸ばして訪れたい。


古民家かふぇ きーぷ
☎0595-96-3001/8:00~17:00、火・水・木曜休/三重県亀山市関町木崎1497/JR関西本線関駅から徒歩10分
格子窓ごしに街道を眺めてのんびり
関宿の東の玄関口「東追分」のすぐそばにある町家をリノベーションしたカフェ。亀山産の和紅茶「べにほまれ」や、ローカルフードをアレンジした「亀山みそ焼きうどんこっぺぱん」など地元メニューが楽しい。



かねき 伊藤彦一商店
☎0595・96・0357/10:00~17:00、日曜休/三重県亀山市関町中町390/JR関西本線関駅から徒歩7分
味わい深い伊勢茶が旅疲れをほぐす
幕末の慶応元年(1865)に茶問屋として創業し、上質の煎茶やかぶせ茶で知られる鈴鹿山麓の茶など県内産の伊勢茶を主に扱っている。中でもオリジナルブレンドの茶葉各種は味に深みがあって香りもよく、実にさわやか。


深川屋 陸奥大掾
☎0595・96・0008/9:30~18:00、木曜休(祝日の場合は営業)/三重県亀山市関町中町387/JR関西本線関駅から徒歩7分
14代守り続けてきた銘菓
創業は江戸時代初期の寛永年間(1624~45)。初代服部伊予保重から作り続けている和菓子「関の戸」は、漉し餡でくるんだ求肥餅に阿波の和三盆糖をまぶした一品。粉末にした亀山茶をまぶした「お茶の香 関の戸」も人気。


関宿旅籠玉屋資料館
☎0595・96・0468/9:00~16:30、月曜(祝日の場合は翌日)休/300円(関まちなみ資料館と共通)/三重県亀山市関町中町444-1/JR関西本線関駅から徒歩7分
宝珠の虫籠窓がシンボル
「関で泊まるなら鶴屋か玉屋、まだも泊まるなら会津屋か」と謡われた大旅籠。帳場、客室、座敷、坪庭など、往時の旅籠の雰囲気をそのまま留めている。主屋は江戸時代末期の建築。江戸時代の旅道具や資料なども展示。


會津屋
☎0595・96・0095/11:00~17:00、月曜(祝日の場合は翌日)休/三重県亀山市関町新所1771-1/JR関西本線関駅から徒歩8分
かつての旅籠が人気の食事処に
玉屋と並び関宿を代表する旅籠だった建物を活用。名物の山菜おこわは三重県産のもち米とうるち米に地鶏や干しシイタケを使い、昔ながらのかまどでもちもちの食感に蒸しあげている。そばやうどん、甘味なども充実。

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
活動拠点…西三河・知立市
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク