FC2ブログ

きりきりくりくり

 春夏秋冬叢書「そう」61号連動ネタ。

181219-1.jpg

 そんなわけで「歌山」の麓を通る国道23号岡崎バイパスの桐山インター付近を何度も徘徊していたのですが、この時期は筆柿の畑のほかにはこれといった見どころもなく、とりあえず地元の氏神を押さえるくらいしかありません。ネタに困った時の神頼み?

181219-2.jpg

 まずは桐山の八幡社へ。

181219-3.jpg

 ここでは「豊国尋常小学校石塔」というブツを発見。記念碑のようですが碑文はなく、なんのための石なのかさっぱりわかりません。
 豊国(とよくに)は明治22年に桐山・上六栗・逆川の三か村が合併してできた村の名前。豊臣秀吉とは特に関係ないと思います。豊国村が存在したのは15年間だけで、明治37年に松坂村(野場・永野・六栗・須美)と合併して豊坂村になっています。その松坂の名の由来は、歌山を含む幸田南西部の山々を「松坂連山」と呼んでいたことによる、と書かれた地誌もあるのですが、今回の取材中には一度も松坂連山や松坂の名を聞きませんでした。

181219-4.jpg

 つづいて上六栗の神社へ。山塊の南東端の斜面にあり、バイパスからも見えます。

181219-5.jpg

 この社名がなんと一文字で「火神社」。ひじんじゃ、と読むのか?ものすごくそそる名前で面白そうな由緒がありそうだけれど、字歌山とは全然関係ないし締切まで時間もなかったので、今回は参拝しただけで深く追究しておりません。

181219-6.jpg

 あと、火神社の近くにある子育て支援センター「くりくりひろば」もバイパスを通るたびに気になっていました。息子が小さい時分に遊びに連れて行けばよかった…。
(まさ)

◎旧豊坂村の話題
山麓の梨畑→●□
野場・熊野神社→●□
六栗・八幡宮→●□


181215-1.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク