FC2ブログ

樽鉄ハイモス0003

 先日、樽見鉄道のちょっとした取材があったので、久々に本社のある本巣駅へ。

181021-1.jpg

 この本巣駅をはじめ、国鉄樽見線時代から使われている画一的な駅舎群(東大垣、北方真桑、神海)はどうにも安普請で、近所を走る近鉄(養老鉄道)や名鉄(揖斐・谷汲線)と比べると格落ちな感じがしたので少年時代からイマイチ食指が動かなかったのですが、ようやく味わいが出てきた感があります。歳を取り、その良さが分かるようになった己が目を褒めたい(「へうげもの」古田織部のセリフ)。

181021-2.jpg

 駅舎内も国鉄っぽいのである。あと20年生き伸びて築80年を迎える頃には、ぜひ登録文化財に…。

181021-3.jpg

 隣接する車庫も、むかしは「景観の邪魔だな」と思ったものですが、広い構内に田舎の鉄工所みたいな風情のこの構造物は、そんなに悪くないように思えてきました。歳は取るものである。

181021-4.jpg

 駅の北にある激シブの跨線橋も健在(→●□)。こちらは今すぐ登録文化財にしてもよいのでは。

181021-5.jpg

 これで2006年まで運行されていた住友セメント専用線が生きていれば完璧なのだが…。ついでに廃線跡をチェックしたところ、路盤はほぼそのまま残っていました。
 ところで「ハイモ」は樽見鉄道の車両の形式名で「ハイスピードモーターカー」の略なのですが、樽鉄の方の話では、会社の設立や車輌開発に携わった三人、ハヤシさん・イトウさん・モリさんから付けたという説もまことしやかに囁かれているとか。都市伝説!?いや、都市じゃないので田舎伝説か…?
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク