FC2ブログ

タウンサインの研究0077

 その津山市街で遭遇した商店街のマークなど…。

180503-1.jpg

 銀天街のマークは鶴丸。津山城が「鶴山城(かくざんじょう)」と呼ばれ、また、初期の津山藩主・森家の家紋が鶴丸紋であることによるものと思われます。かつては津山の中核商店街であったことを彷彿させる、なかなか風格のあるデザイン。

180503-8.jpg

 銀天街の店舗サイン。シックな色合いの隅切りの四角から、日の丸を掲げるときに付ける「国旗玉」みたいのが飛び出ているのが、なんだか妙にポップ。

180502-5.jpg

 元魚町商店街は鱗紋(三つ鱗)で、フラッグにあしらわれています。町名の「魚」のイメージか、あるいは元魚町のだんじり(東海地方でいう山車、屋台)の名が麒麟臺なので、麒麟の胴体の鱗のイメージか。

180503-2.jpg

 本町三丁目はスマイルお日さま。なんで太陽なのかと思ったら、三→さん→SUN…?どこかヤマザキYショップの看板を思わせます。

180503-3.jpg

 本町のアーケードを抜けたところにある坪井町商店街のマークはカタツムリ。フォントも含めてなかなかカワイイ。「ゆっくり歩いてお買い物を楽しんでネ!」という意味でしょうか。ただ、坪井町にはすでに店はあまり残っておらず、商店街の体をなしていませんが…。
 こんな調子で津山の商店街サインをコンプリートしてみたくなりましたが、ますます何をしに来たのかわからないのでこのへんで…。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク