FC2ブログ

14・14・14

 まだ続く「そう58号」の重量制限関連ネタ。
 本誌では「豊川市では、重量制限標識をけっこう厳密に設置している」というのが結論でしたが、他にそういう自治体はないものか…と思っていたところ、2月に桜の取材で行った(なんで桜の取材を2月に…)下呂市萩原地区で、重量制限標識が続々と発見されました。しかもどういうことか、軒並み14.0t制限だったので驚いた。

180329-2.jpg

 高山本線上呂駅前の浅水大橋。こんな立派な橋に制限があるとは…。

180329-4.jpg

 飛騨宮田駅の近くにある嫁谷橋。こちらも頑健そうな橋です。

180329-3.jpg

 飛騨川右岸の河岸段丘上にある四美地区にある名称不詳の橋。14tの車が通ることなんて永久になさそうな場所なのですが。ちなみに場所は「萩原のシダレザクラ群」のひとつ、森山神社のシダレザクラのすぐ南。

180329-1.jpg

 このような予告標識まで。しかも「旧下り川橋」と「下田橋」が2連発で続くという。場所は岩太郎シダレザクラの近く。観桜の際はこれらの橋にもぜひ…。
 しかしまあ、豊川も萩原も実に律義な役所だと感心します。

180329-6.jpg

 あとオマケ。高山本線の飛騨萩原と上呂の間にある第1上野田踏切では、2.6mという中途半端な車幅制限の錆び錆びな標識を発見。こんな道、スクーターでも通らないだろうに、いったい何を想定して設置したのだろうか。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク