FC2ブログ

名もなき橋、附・千両の昭和木造建築

 春夏秋冬叢書「そう58号」連動ネタ。
 重量制限の記事を書くにあたり標識のある橋の名前を全部押さえておこうと、銘板のないものについては管轄部署に確認したのですが、その中で名前のない橋が二つもあって驚きました。どんな橋でも管理の必要上、必ず名前がついているかと思ってた。地図はこちら→●□

180321-2.jpg

 ひとつは蒲郡市五井町~水竹町の西田川に架かる橋(本誌未掲載)で、なぜか県が管理しているとのこと。詳しい話は聞いていませんが、河川改修の工事用橋梁を一般用に転用したとか、そういうことでしょうか。

180321-1.jpg

 もうひとつは豊川市千両町の佐奈川に架かる橋。これは林道寺門線の一部で、管理は市の農林整備課。
 標識設置するまでもなく車なんか通らないんじゃ…と思ったけど、よく見ると轍がついています。この奥には一体何が⁉というほど興味が掻き立てられるような道でもないので深追いはしませんが、いやー、いろんな橋があるものだ。
 こんな地味すぎる写真だけではなんですので(いつもか)、二枚目の写真に関連して千両のネタをいくつか。

180321-6.jpg

 佐奈川は千両町に源流があり、貫流する町内には多くの橋があります。しかし「千両橋」と名付けられている橋は集落の中央にはなく、なぜか村の北はずれにあります。ナゼ?

180321-3.jpg

 その千両橋の上には、新東名の新佐奈川橋がドカーンと架かっています。橋脚の高さは89mで新東名最大とか。ちなみに工事中の写真はこちら→●□

180321-4.jpg

 千両橋から県道334号を豊川市街に向かってずんずん進んでいくと、上の集落と下の集落の中間あたりにこのような渋い木造建築が残っています。屋根瓦に「青」の文字があるので、青年団の集会所だったものと思われます。

180321-5.jpg

 さらに南へ進むと、L字に配された二棟の農業倉庫も健在。
 えー、これらの建物については特に取材をしておりませんので、とりあえず現状報告のみとさせていただきます…。
(まさ)

180314-1.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク