FC2ブログ

1・1・1

 春夏秋冬叢書「そう」58号連動ネタ。
 東三河で重量制限のある橋は2.0t制限の標識が多いのですが、中には1.0t制限という貧弱な橋もあります。

180320-1.jpg

 そのひとつ、豊川市萩町の山陰川に架かる森前橋。親柱も欄干もなく、見る角度によっては普通の道路のよう。

180320-2.jpg

 しかしこれも立派な橋なのである!いや、ぜんぜん立派ではない。
 ともかく、東三河における最弱橋梁でありましょう。橋のたもとに民家が一軒ありますが、この橋を使わずとも県道に出られる道があるので、日常的に渡る車も人もまずいないと思われます。

180320-5.jpg

 こちらは豊川市白鳥町の川田橋。国道1号京次交差点から少し北に入ったところで、背後に見えるのは豊川市民病院の駐車場。この橋には円柱を並べた橋脚があります。
 田んぼの真ん中にあり、渡るのはおそらく耕作者と、蔵子方面から国府高校に通う高校生ぐらいではないか。

180320-4.jpg

 そして、同じく豊川白鳥町の原溝橋。旧東海道の五六橋のすぐ際にあり、白川に注ぐ農業用水に架かっています。重量制限以前に、どう見ても車は通れない!トラクターでも厳しそうだぞ!
 この橋の管理者は東三河建設事務所(つまり県)で、河川の管理用道路の扱いとのこと。おそらく以前は、森前橋や川田橋のようにかろうじて車も通れる橋だったのでしょう。架け替えや標識残置の経緯などものすごく気になるけれど、ご多忙な役所の方の貴重な時間をいただいてまで突き詰めるようなネタでもないし…。
 なお今回の記事作成にあたっては、豊川市道路建設課の方に多くの情報をいただき、下佐脇の鐘鋳場橋(→●□)に関しては退職された当時の担当者の方にまで確認してくださり、予想以上のお手間をかけさせてしまいました。ありがとうございました。
(まさ)


180314-1.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク