FC2ブログ

岡崎における甲と乙

 そんなわけで、岡崎市内の学校の金次郎像をコンプリートするため(→●□)久々に岡崎の山間部方面を回り、久々に乙川・男川の上流の方も眺めてみました。

180309-2.jpg

 乙川@才栗町~岩戸町(秦梨学区)。

180309-1.jpg

 男川@明見町(宮崎学区)。
 岡崎市民ならたいてい知っていることですが、矢作川支流の「オトガワ」には乙川と男川の二つがあります。形埜学区から流れ出て岡崎市街を通り矢作川に合流するのが乙川で、距離も長く「オトガワ本流」と言えます。対して、宮崎学区から流れ出て生平学区の茅原沢で乙川に合流するのが男川で、こちらは「オトガワ支流」。
 気になってしょうがないのが、いつ、どうして、このような同音異字のややこしい河川名になったのか。謎だ。
 オトガワに関しては以下のような話題があります。

・岡崎で生まれたヤマトタケルの皇子が川のせせらぎに因んで「乙見」と名付けられたことに由来するという伝承(岡崎市史)
・どっちの流路も「男川」と読み取れる記述がある古書(三河国二葉松)
・明治22年に誕生した額田郡男川村(男川学区)は乙川沿岸にある 

 しかし、乙と男の使い分けについて触れている文章にはお目にかかったことがありません。
 推察するに、昔は乙と男の区別なくどちらも「オトガワ」だったのが、明治以降、河川法施行か何かのタイミングで名称を確定させる必要が生じ、便宜的に乙川と男川に分けたんじゃないか、と思うのですが…。

180309-3.jpg

 で、ふと思いついたのが、岡崎市街にある「甲山(かぶとやま)」の存在です。
 甲山は岡崎にとってシンボリックな山です。山上には「甲山(かぶとやま)八幡宮」があり、山麓の市民会館には「甲山(こうざん)会館」と名付けられたホールがあり、一帯は「甲山(こうざん)中学校」の学区になります。
 岡崎市街を流れる部分を「乙川」としたのは、もしかすると「甲山」を意識してのものではないだろうか?

180309-4.jpg

 先ほど連載が終わった茶の湯マンガ「へうげもの」では、甲乙の解釈が描かれています。すなわち、武士のかしこまった流儀は「甲」、堅苦しくなく洒落た流儀は「乙」。主人公古田織部は「乙なもの」という価値観を世に広めるべく活躍します。
 岡崎は三河随一の文化都市。なので住民も、ランクとしての甲乙ではなくそのような意味合いを知った上で、武骨な「男」ではなく風流な「乙」を採用したのではないか、と。そして形埜学区源流の流路を乙にしたのは、単に宮崎学区源流の流路よりも長いから。
 他の説を思いつく人、あるいは正解を知っている人がいたら、ぜひ教えてください。教えて、金次郎先生!

180309-5.jpg
「さて、はや…」

 銅像が供出され石像で再建されたと思われる男川小学校の金次郎先生。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク