FC2ブログ

かわいい海のいきもの大集合パーク

 まだまだ続く、2017年の出し漏らしネタシリーズ(在庫一掃セール的に…)。
 秋も深まった11月、知多半島南部限定の月刊ローカル媒体で「地元民に親しまれている(いた)公園や遊戯施設に秘められた謎を探ってみました!」というマニアック極まりない企画の取材ををやりまして、その中の武豊町代表として、長尾児童遊園を取り上げてみました。地元の人しか知らないと思いますが、武豊町立図書館の横にあります。
 ここの目玉遊具がこちら。

180125-1.jpg

 巨大なタコだ!
 その昔、このあたりまで衣浦湾が広がっており、沖に住み着いていた巨大なタコが漁船をたびたび襲ったらしい。その伝説を表現したモニュメントだそうです(ウソ)。
 これは正式名称が「タコの山」という滑り台で、製作者は東京の前田環境美術株式会社。昭和56年の児童遊園完成に合わせて設置されました。けっこうあちこちにあってそんなに珍しいものでもないですが(→●□●□●□)、インパクトはなかなかで、この手のブツが好きなマニアの間ではこの大ダコと富士山(→●□)が「公園の二大巨大珍遊具」と目されています。
 異形の巨大タコばかりに目が行きますが、このタコの周りにも小さくてカワイイ海のいきもの遊具が置かれており、公園マニアとしては見逃せません。

180125-3.jpg

 かに、ふぐ!

180125-2.jpg

 子だこ、いるか、かめ!いやー、実に味わい深い。
 役場の担当部署を取材したところ当時の写真や記録台帳が残っており、これらはタコの山と同時に設置されたものであることが判明。製作会社の余技か?いい仕事してますねェ。

180125-4.jpg

 園内には開設当時の遺物がもうひとつ、役場の施設台帳に「ABCの鉄棒」と記載されている鉄棒が。超ポップ!祈・永年活用!

180125-5.jpg

 長尾児童遊園に隣接する武豊町立図書館もなかなか凄い建物で、アサリ池という溜め池の上に建てられております。児童遊園が開設された当時は、アサリ池の片隅に木製の「ターザンロープ」も設けられていましたが、老朽化が早かったのか、残念ながらかなり以前に撤去されたようです。
 なお、この児童遊園の一角には、日本油脂専用線の従業員輸送に使われた電車も置いてあります(→●□)。
(まさ)

180125-6.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク