FC2ブログ

リアル農村芝居

 先週の土曜日、高棚で開催された「八日薬師」の村芝居を見物に行ってきました。八日薬師は薬師寺(無住)の縁日で、隣接する「芝居小屋」で催される演芸大会が目玉です。

171120-5.jpg

 右の建物が芝居小屋「薬師座」で、大正14年の建築。神社の境内にこういう芝居小屋、農村舞台の類があるのはよく見かけますが、寺に隣接するのは珍しい例かも。
 これが建てられる以前の明治時代中期から高棚では八日薬師に村人による芝居が行われており、ときどき中断を挟みながら今に至るまで公演が続けられているとか。先月の安城取材で高棚の人に聞いたところ、この建物は耐震等の関係で残念ながら今年の公演を最後に取り壊されるそうな。

171120-3.jpg

 3時すぎに小学生の演劇で開幕すると、デンソーやJA職員など地元の事業所も参加する「町内芸能ショー」、演歌歌手の歌謡ショーと続きます。
 その日は天気もよく、会場は高棚の村人たちで大賑わい。芝居小屋の風情も最高。取り壊しが惜しい…。

171120-2.jpg

 日が暮れる頃、幕がいったん下ります。年季の入ったこの幕もいい。

171120-6.jpg

 そして5時半頃からメインプログラム、地元住民による演劇が上演されたのでした。劇の内容についてはノーコメントですが、いやー、楽しそうでいいですネ!

171120-1.jpg

 境内の大地蔵サンも村人たちの楽しげな様子を微笑んで見ておられました。この行事、来年は新しく建設される建物での開催とのことです。
(まさ)

◎おしらせ
この高棚大地蔵も出てくる記事を、地元メディアKATCHのサイトに書きました→●□
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク